「映画で検事役」木村拓哉に立ちはだかる「キムタク」と「久利生公平」!

写真拡大

 元SMAPの木村拓哉と嵐の二宮和也が初の共演と話題になっている18年公開の映画「検察側の罪人」。クランクインが近づき、主演の木村が自身のラジオ番組で意気込みを語った。

「現場に入ってみないとわからないとしたうえで、撮影が始まるまでは『僕自身もできることはしておこうかなという感じ』で日々生活しているのだそうです」(芸能ライター)

 この映画はミステリー作家・雫井脩介氏の原作をもとにした作品で、ベテラン検事と若手検事がそれぞれの正義を巡って対立する様を描いている。ベテラン検事を木村が、若手検事を二宮が演じ、2人の対立軸が見せ場になってくる。

「知人を殺した疑いのある人物に、個人的な復讐心を抱いて正義を貫こうとするベテラン検事と、それに反発する若手検事。若手検事を二宮が演じることはイメージしやすいものの、『何を演じてもキムタク』と評される木村が独特なたたずまいのベテラン検事を演じるというのはイメージしにくいですね。また、『木村』で『検事』とくれば人気ドラマ『HERO』(フジテレビ系)で演じた若手検事・久利生公平を思い浮かべる人が多いかもしれません。それが木村の新しい検事像の邪魔にならなければいいのですが」(週刊誌記者)

 SMAP解散劇ですっかり印象付いてしまった“ヒール”をこの映画で逆手にとれば、「木村拓哉再生」の代表作になるのかもしれない。

(伊藤その子)