リヨン会長がラカゼットのアーセナル移籍認める! 2日以内に公式発表へ!

写真拡大 (全2枚)

▽アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(26)のアーセナル移籍が2日以内に決定するようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が2日、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長のコメントを伝えている。

▽今夏の移籍市場でラカゼット獲得にプライオリティを置くアーセナルは、先日に一度目の公式オファーを掲示したものの、リヨン側に拒否されていた。

▽しかし、すぐさま増額した2度目のオファーを用意したアーセナルは、両クラブにとってクラブ史上最高額の移籍金でラカゼット獲得にこぎ着けたようだ。

▽オラス会長はフランス『Le Progres』に対して、「アレクサンドル・ラカゼットのアーセナル移籍は明日か、2日以内に決定するはずだ。先日、イギリスメディアが報じた6700万ユーロ(約86億円)という数字は現実的ではない。取引は4500〜5000万ユーロ(約57億7000万〜64億2000万円)の間になるだろう。ただ、5000万ユーロに近い移籍金はユニークだ。アーセナルとリヨンにとってクラブ史上最高額になるはずだ」と語り、アーセナルとの合意を認めた。

▽また、ラカゼットは2日以内にロンドンを訪問し、メディカルチェックを受診した後、正式アーセナルの一員となるようだ。

▽なお、アーセナルではレアル・マドリーからドイツ代表MFメスト・エジル獲得の際に支払った4220万ポンド(約61億7000万円)が移籍金のクラブレコードと言われており、今回のラカゼット獲得でクラブ記録を更新することが濃厚となった。

▽リヨンの下部組織出身のラカゼットは、2010年にトップチームデビュー。以降、同クラブで公式戦275試合に出場し、129ゴールを記録。2014-15シーズンにはリーグ・アン得点王と年間最優秀選手賞をダブル受賞するなど、フランス国内屈指のストライカーとして知られ、昨季はリーグ戦30試合に出場し28ゴールを挙げていた。

▽また、フランス代表では通算11試合に出場し、1ゴールを記録している。