「銀座で鮨」。このフレーズに羨望のニュアンスが含まれるのは、大人の余裕の象徴だから。そんな憧れの「銀座で鮨」を、リーズナブルに体験できるお店を発見!早速、ご紹介しよう。


お手頃価格で鮨が楽しめる!
『銀座 鮨 わたなべ』

銀座の鮨屋は、品書きがなく、1人前2万〜3万円するのが当たり前。ゆえに誰もが足を運べるわけではないが、『銀座 鮨 わたなべ』は飲み物を含め2万円でお釣りがくる稀有な一軒。

桧のカウンターや木製冷蔵庫は高級感に溢れているが、主人の渡部佳文氏が目指すのは「自分も行きたいと思う価格の店」だ。

席に着いたらまずは「マスターズドリーム」(850円、税別)で喉を潤し、気分をリラックスモードに切り替えよう。



つまみ5皿と握り10カンで1万3000円(税別)のコースの内容はおまかせ。梅肉とワサビと塩で味わう「ハモの刺身」など、極上のつまみで旬の味を楽しんだら、次はいよいよ握りの段。

かつて柳橋の名店「美家古鮨本店」で加藤博章氏に師事した渡部氏の鮨は、昔ながらの仕事が光る正統派。

たとえばコハダは魚の脂をほどよく生かした〆加減が見事で、甘いツメを塗った煮穴子はふっくら柔らか。旬の千倉の鮑の塩蒸しは鼻腔に抜ける香りがたまらない。赤酢と塩で甘さを引き出した酢飯は、空気をはらんで凛としている。これぞ江戸前鮨だ。



目にも止まらぬ早業で握る渡部佳文の小手返しは、握りの神様と称された『柳橋 美家古鮨』の4代目、故・加藤博章大親方から伝授された技。カウンターで間近に名人技を見られるとは、考えてみれば大変な贅沢だ。



6月のつまみは「かつおのごま酢和え」(コースの中の一例)は、ショウガやニンニクではなく、九条葱の香りとごま酢のやわらかな酸味でかつおの旨みを引き立てる、上品な一皿だ。



大通りから1本路地に入った、雑居ビルの中に突如現れる静寂。「えっ!このビルの中にこんなに素敵なお店があるの?」そんな嬉しいサプライズを感じられる佇まいもいい。