【詳細】他の写真はこちら

パソコンの性能がわかる「Windowsエクスペリエンスインデックス」。Windows10にもあるんですよ



Windowsはシステム評価のツールとして、パソコンの性能を調べる機能をもっています。これを使うことで、表示や動作が遅くならない画面の画質設定へと自動で変更する、といったことを実現しているわけですが、ユーザーからはその結果を簡単に見ることができません。かつてWindows 7やVistaなどでは「Windowsエクスペリエンスインデックス」として簡単に確認できたのですが、Windows 8.1以降は見られなくなってしまいました。

Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ

 

実はこの「Windowsエクスペリエンスインデックス」、ちょっと手間ですが「Windows PowerShell」を使うことで、Windows 10でも実行と確認が可能なのです。

まずはWindows PowerShellを管理者で起動。といっても、スタートボタンを右クリックするか「Windows+X」キーを押してメニューを表示し、「Windows PowerShell(管理者)」を選ぶだけです。

値の計測には、「WinSat formal」と入力してEnterキーを押しましょう。数分もせずに計測が終わりますので、正確な値を測るためにも、その間パソコンの操作や利用は控えておきます。画面には計測結果が続々と表示されていきますが、テスト項目の結果が次々と表示されているだけなので、この数値から性能を把握するのは上級者でもない限り難しいでしょう。

そこで、より見やすい方法として「Get-CimInstance Win32_WinSAT」コマンドを使います。するとCPUやメモリなどの項目ごとのスコアとして変換してくれますので、パソコンの性能が比較しやすくなります。

スコアが高いほど高性能となりますので、新旧パソコンの性能差がどのくらいあるのか、デスクトップとノートでは性能がどのくらい違うのかなどを確認したい場合に活用しましょう。



▲PowerShellを管理者で起動。「WinSat formal」と入力してEnterキーを押し、計測を開始します。ちなみに、文字はすべて小文字で大丈夫です。



▲画面には計測結果が次々表示されますが、何が何やら……。途中、エラーなども出ています。



▲結果の確認には、「Get-CimInstance Win32_WinSAT」と入力してEnterキーを押しましょう。するとスコアとしてまとめて表示してくれるので、見やすくなります。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?