日進月歩で変化している中国に魅力を感じてやってくる香港住民が増加の一途をたどっている。彼らは、それぞれの住み慣れた狭い圏内を離れている。その目的は、個人キャリア発展のための大きな可能性を模索し、新たなチャンスを存分に利用することにある。

写真拡大

日進月歩で変化している中国に魅力を感じてやってくる香港住民が増加の一途をたどっている。彼らは、それぞれの住み慣れた狭い圏内を離れている。その目的は、個人キャリア発展のための大きな可能性を模索し、新たなチャンスを存分に利用することにある。香港紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト(南華早報)」電子版の報道を引用して参考消息網が伝えた。

今年22歳になるジャン・ユンさんは、生まれも育ちも香港という生粋の香港住民だ。彼女は今夏、北京中医薬大学を卒業する。

彼女は5年前、北京は中医薬教育と多様化した環境に恵まれているという評判を聞きつけ、香港を離れ北京に移り住んだ。彼女は、「北京には、優れた医療を受けるために、全国各地から人が集まってきていた。香港では聞いたこともなかった病例について、北京で学ぶことができた」と話した。

今年、大陸部の大学を受験した受験生全体のうち、香港の高校を卒業した学生は4.2%を占めた。

また、香港祖国復帰以降、本土出身の学生が香港の大学に入学するケースも、だんだんと一般的になってきた。昨年発表された統計報告によると、2015/2016年度、香港に住む大学生のうち、本土の学生が占める割合は76%に達した。

留学コンサル機関の中国留学社の李曼和(音訳)氏は、「かなり前から、中国本土の大学に進学する香港の学生の中でも、中医薬を専攻する学生が増加する傾向にある。また、ここ数年では、外国語、音楽、映画制作などの専攻も、香港出身の間で人気が高まっている」と紹介した。

李氏は、「北京や上海で、韓国語やロシア語を専攻すれば、言語学習の相手が簡単に見つかるだろう。現在、本土の国際化は、想像をはるかに超えるほど進んでいる」と続けた。

香港から北京に移った当初はいくつかの問題に直面したジャンさんだが、それらを乗り越えた彼女は、北京の大学院修士課程で学問を続けることを決めた。彼女は時折、クラスメートと一緒に、現地のコミュニティでボランティア診察を行っている。

ジャンさんは、「本土の発展は極めてスピーディだ。私は、これらの変化を目の当たりにすることができて本当にうれしい」と述べた。

今年30歳になる呉家偉(音訳)さんは、2005年に北京に留学。その後、PR関係の仕事を探した。彼は、北京で職業キャリアを積むことに大きな可能性があると信じている。

呉さんは昨年、成都出身の女性と結婚し、2人の間には女の子が誕生した。(提供/人民網日本語版・編集KM)