スパや瞑想も。竹富島に受け継がれる「いーちょーばー」で心身を整える旅へ

写真拡大 (全2枚)

◆スパや瞑想も。竹富島に受け継がれる「いーちょーばー」で心身を整える旅へ


夏の暑さだけでなく、エアコンや冷えた食べ物で気づかないうちに起こりがちな都市型夏バテ。「星のや竹富島」では、南国の知恵と島に伝わる命草(ぬちぐさ)の力で疲れ気味の体を内側から整えてくれる。心身を癒し、解き放つ夏の島旅へ出かけよう

◆本来の自分を取り戻す、2泊3日の「いーちょーばーキレイ滞在」とは


島に伝わる知恵で夏の隠れ冷えにさよならを
この夏、「星のや竹富島」ではイーチョーバーを使った2泊3日のスパプログラム「いーちょーばーキレイ滞在」が登場。知らぬ間に冷えてしまった体を命草の力でじんわりと温め、オイルトリートメントや瞑想でリラックスし、島の健康的な暮らしや文化に触れることで元気を取り戻していく。心も体もすっきりとリフレッシュする3日間を過ごして。

イーチョーバー(=胃腸葉)とは
昔、医師のいなかった竹富島では、古くから薬草を取り入れることで健康を保ってきたそう。健康に役立つ野菜や薬味は命草と呼ばれ、おじいやおばあから代々受け継がれてきた生活の知恵そのもの。そんな命草として親しまれるイーチョーバーは、一般にはウイキョウ、もしくはフェンネルという名で知られるセリ科の多年草のこと。お腹の調子を整える命草として、今もなお島に伝わる。

◆1日目 ゆったりとした島時間に浸り、心身をゆるりほぐしていく


16:00 自分だけの命草塩湿布作り体験
石垣島から船で10分、美しい海を渡り15時にはチェックインを。16時からは本日のメインイベント「命草塩湿布作り」を体験。まずは、知識豊富なスパスタッフと敷地内のハーブガーデンへ。イーチョーバーやローズマリー、レモングラスなど20種もの中から、香りや効能などを聞いて好みの命草をセレクトしよう。部屋に戻り、摘んだ命草を生姜や島胡椒の粉、沖縄の塩と一緒に布に入れ、ウォーマーにセット。温めている間は、琉球赤瓦の家屋や石垣、シーサー、澄みきった海など沖縄の原風景が広がる施設内の散策を楽しんで。6時間ほどすると、命草の香りたつ塩湿布が完成。お腹に乗せれば、じんわりとした温かさと香りに癒されリラックス。

◆2日目 朝日や小鳥のさえずり、風の音…五感を刺激する贅沢な一日


6:30 大自然を感じる朝の島時間スパ
ぐっすりと眠った翌朝は、朝日を浴びながら30分間の水中瞑想浴を。プールに浮かび無重力状態で受ける水中指圧は、陸上では味わえない夏だけの極上のリラクゼーション。風の音や小鳥のさえずりだけが聞こえる大自然の中で、深い瞑想状態へと導いてくれる。深部をほぐし心も体もリフレッシュしたら、シャワーを浴びてトリートメント専用ルームへ。続いて、90分間の朝摘みの島ハーブのオイルトリートメントを楽しんで。長命草やよもぎを使用し、命草をしっかりと感じられるオイルでボディ全体をくまなくもみほぐしていく。肌に吸いつくようなやさしいタッチにくつろぐ、やすらぎのひとときを。



12:00 イーチョーバー島ブランチを味わう
そろそろお腹が空くお昼時。メインの建物がある集いの館のダイニングで、竹富島の先人達が暑い夏を快適に過ごすために使ってきた食材を取り入れたシェフ監修の「イーチョーバー島ブランチ」をいただこう。シャキシャキした歯応えとほんのりとした香りを感じるイーチョーバーと夏野菜のケークサレ、魚やエビの出汁が効いたイーチョーバーと五穀米のスープドポワソン、デザートには夏が旬の完熟パインとイーチョーバーのヨーグルトスープなど、夏バテ知らずのメニューが勢揃い。お腹を満たした後は、美しいビーチへと繰り出そう。



21:00 ゆったりイーチョーバーバスソルト入浴
「好きなように自由に過ごしてほしい」という思いから夕食はついていないので、インルームダイニングを楽しんだり、島のレストランへ出かけたり、スケジュールや気分に合わせて思い思いに過ごして。夕食の後は、部屋に備わるバスタブに、イーチョーバーバスソルトを入れて体を芯から温めよう。窓を開け放しても人目が気にならない開放感たっぷりバスタブは、すべて独立したプライベートヴィラタイプだからこそ。南国の夜風を感じ、じんわりと温まる極上のバスタイムを楽しんで。

◆3日目 丸ごとリフレッシュ完了。本来の自分を取り戻す


9:30 命草のぬくもりスパでリラックス
日に日に活力が湧いてくることを感じられ、すっきりと目覚めた最終日は、畑人(はるさー)の朝ごはん(別料金/3500円・税サ別)を味わおう。琉球朝食や洋食、ゆし豆腐、シリアルと4種類から選べるので、好きなものをチョイス。9時30分からは、最後のプログラムである命草のぬくもりスパを体験して。イーチョーバーと生姜、お餅を練り込んで蒸しあげた命草玉を布でくるみ、それを使って80分間全身をくまなくほぐしてくれる。保温性が高くモチっとした触り心地も気持ちがいい。スパでリフレッシュした後は、部屋でのんびりと支度をして12時のチェックアウトぎりぎりまでくつろごう。

体はもちろん心までゆるりとほぐれる3日間は、夏の旅行にぴったり。気の置けない友達を誘って、星のや竹富島へ女子旅に出かけて。


星のや竹富島「いーちょーばーキレイ滞在」
期間:2017年7月1日?9月30日
料金:51500円(税・サービス料10%別、宿泊別)
含まれるもの:「朝の島時間」スパ 1回、「命草のぬくもり」スパ1回、イーチョーバー島ブランチ1回、命草塩湿布作り体験1回、イーチョーバーのバスソルト2回分

◆星のや竹富島
竹富島の東に位置する高級リゾート「星のや竹富島」。約2万坪の敷地には、琉球赤瓦の戸建の客室や白砂の路地、プール、スパ、見晴台などがあり、贅沢な時間を過ごせる。
[DATA]
TEL. 0570-073-066(星のや総合予約)
住所:沖縄県八重山郡竹富町竹富
料金:63000円?(1室1泊あたり・食事別・税・サービス料込)
アクセス:石垣離島ターミナルより船で約10分、竹富港より送迎あり

TEXT/NOZOMI SUZUKI