ポルトガルが劇的同点弾&PKの悪夢払拭! メキシコを2-1で破りコンフェデ杯3位に輝く

写真拡大

C・ロナウド不在のなか執念の逆転勝利

 FIFAコンフェデレーションズカップの3位決定戦メキシコ対ポルトガルの一戦が2日に行われた。

 延長戦の末、PK失敗とオウンゴール献上という苦境を乗り越えたポルトガルが2-1で勝利を収め、初出場で3位に輝いた。7度目の出場となったメキシコは4位となった。

 ポルトガルはエースのロナウドが、誕生したばかりの双子の息子たちに対面するためチームを離脱。準決勝から先発8人を変更し、FWナニがキャプテンマークを巻いた。メキシコも5人を入れ替えて臨んだ。

 最初に試合が動きを見せたのは前半16分。ポルトガルはペナルティーエリア内でパスを受けたFWアンドレ・シウバがDFラファエル・マルケスに倒された。主審はプレー直後に笛を吹かなかったものの、すぐにビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による検証を要求。映像を確認した結果、ポルトガルにPKが与えられ、マルケスにもイエローカードが提示された。

 しかし、キッカーを務めたシウバのシュートはGKオチョアがセーブ。チリとの準決勝ではPK戦で3本連続失敗という悪夢を味わったポルトガルは、またもPKを成功させることができなかった。

 ピンチを乗り越えたメキシコは後半9分に左サイドFWチチャリートことハビエル・エルナンデスのクロスから、ポルトガル代表DFネトのオウンゴールで先制した。それに対し、ポルトガルは試合終了間際の後半アディショナルタイム1分に、ゴール前まで攻め上がったDFペペが右足ボレーシュートを決めて同点に追いついた。

両チームに退場者、メキシコ監督は退席処分

 劇的な展開で延長戦に持ちこんだポルトガルは、延長前半13分にはメキシコDFラジュンのハンドで、この試合2度目のPKのチャンスを迎えた。このチャンスでキッカーを務めたMFアドリアンはゴール右に落ち着いて決め、PKの悪夢を振り払ったポルトガルが勝ち越しに成功した。

 延長後半1分にはポルトガルDFセメド、同7分にメキシコFWヒメネスがそれぞれ2度目の警告で退場処分となるなど最後まで予断を許さない展開となり、延長後半15分にはメキシコのオソリオ監督が抗議で退席処分。最後まで白熱した攻防を見せた試合だったが、そのまま2-1で終了。エース不在も、意地を見せた欧州王者が激戦を制して3位入賞を果たした。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images