乃木坂46&ヒム子(提供写真)

写真拡大

【乃木坂46/モデルプレス=7月2日】乃木坂46が2日、東京・明治神宮野球場で「真夏の全国ツアー2017」2日目公演を開催した。アンコールではメンバーにも知らされていなかったサプライズとして、テレビ東京系の冠番組『乃木坂工事中』のMCを務め、乃木坂46の公式お兄ちゃんとして親しまれるバナナマンの日村勇紀が“乱入”した。

【さらにライブ写真を見る】可愛くて美しい!乃木坂46白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥…

日村はバラエティ番組『ゴッドタン』でお馴染みのオネエキャラ“ヒム子”の姿。アンコール1曲目『インフルエンサー』にて、6月28日放送のテレビ東京系『テレ東音楽祭』で話題になったばかりのコラボレーションを神宮球場でもサプライズ披露した。

日村は乃木坂46のメンバーと同じツアーTシャツにミニスカートでステージ端から登場すると踊りながら徐々に中央へ。メンバーは笑顔を封印した曲とあってクールにグループ史上最高難易度のダンスに挑戦していたが、ヒム子に気づくと「きゃー!」と悲鳴。その後は思わず笑顔になってしまい、さらにヒム子はサビあたりから白石麻衣、西野七瀬を従えてセンターポジションを奪取して会場の笑いを誘った。

日村は「ごめんなさい、来ちゃいました。皆さん、ヒム子、可愛いですか〜?」と会場に聞いて歓声に満足すると「向こうには設楽統もいるからね」と相方が来ていることも報告。「みんなで大きな声で“お兄ちゃん”って言ってあげましょう」と促すと、メンバーと会場の4万人がせーので「お兄ちゃん!」と優しく呼びかけた。

そして“チューリップ軍団”(※)のメンバーを集合させた日村は「ライブで汗をかいちゃったから、終わったらみんなでお風呂入りに行きましょう」と提案。「生田絵梨花さん大丈夫ですか?」と『乃木坂工事中』と同様のやり取りを振ると、生田は「いやらしい目で見なければ」と返して笑わせていた。

(※)川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、高山一実、能條愛未、和田まあや、そして生田絵梨花が所属する。ディズニー好きメンバーで結成していた「チームD」が母体。活動内容は「テーマパークに行く」「お泊まり会」「夜通し人狼大会」など。入団条件が「一緒にお風呂に入れるか」。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】