小池都知事(写真:日刊現代/アフロ)

写真拡大 (全2枚)

 2日、東京都議会議員選挙の投票が行われ、投票が締め切られた20時、メディアは一斉に都民ファーストの会の圧勝と、自民党の歴史的大敗を伝えた。小池百合子都知事が代表を務める都民ファーストの会が都議会第1党となり、公明党をはじめとする小池知事を支持する勢力が議席の過半数を獲得する一方、自民党は第1党の座から滑り落ち、都議会で過去最低の議席数となった。

 投票締切直後、小池知事はテレビ番組『池上彰の都議選ライブ〜ニッポンの大問題〜』(テレビ東京)に中継で出演し、司会のジャーナリスト・池上彰氏の質問に答えた。

 冒頭で「(開票速報に)感動いたしております」と笑顔で語る小池知事に対し池上氏は、都民ファーストの会候補者の街頭演説を見た感想として、「随分ひ弱だなという、見ていて心配になってしまうような候補が多いという印象を受けた」と言うと、小池知事はこう答えた。

「それはむしろ初々しさがあるかと思います。ただ、みなさんバックグラウンドがございます。それぞれの専門性を持った方がそろっています。そういう意味では、街頭演説は不慣れだったかもしれませんけれども、これからの政策立案、条例案を出す力量のある方ばかりだと自負しています」

 次に池上氏は、「なんとかチルドレンという若手議員が大量に当選して、そのあとなかなかうまくいかないという過去の例があります。小池チルドレンが大量に生まれてしまって、このあと本当に都議会やっていけるのか、心配している人が大勢いる」との懸念を示すと、小池知事はこう説明した。

「しっかりとした議員としての自覚を持つ。これについては、しっかりと修行を積み、都民のみなさんと触れ合うことによって、より議員としての責任をしっかりと果たしてくれると思っております」

 これを受け池上氏は、「小池知事に育てられた都議会議員が都政をチェックできるのか。『小池さんの言うとおりでございます』というばかりでは、意味がないですよね」と追及。すると小池氏は一瞬沈黙し、厳しい表情になり真っ向から反論した。

「専門性を持った方々が、(都民ファーストの会)にはずらりとそろっています。むしろ私に対してさまざまな意見を言ってくれる。そういう意味では、私にとって非常に力強いチェックをしてくれるものと、このように思っています。また、『二元代表制がおかしくなるのではないか』という心配、それをおっしゃるのであれば、もっと前からメディアもチェックすべきだったと思います。これまでドンによる一元代表制といってもいいような、そのような都議会であった。これで二元代表制にしていくレールが敷かれたと思っています」

 このほかにも、国政進出の可能性について聞かれた小池知事は「予定はございません」と明確に否定した。

 都議会が新たな勢力構図となり、今後、小池氏の力量が問われることになる。
(文=編集部)