30日、杭州交通918は記事「杭州高速道路出入り口に“闇給油車”が出現、タンクローリー1台で3000元の利益」を掲載した。高速入り口付近に多くのタンクローリーが停車している。多くのトラックがタンクローリーの脇に停車しては給油する姿が見られた。

写真拡大

2017年6月30日、杭州交通918は記事「杭州高速道路出入り口に“闇給油車”が出現、タンクローリー1台で3000元の利益」を掲載した。

【その他の写真】

浙江省杭州市の高速道路「石大快速路」の杭州北高速入り口付近に多くのタンクローリーが停車している。多くのトラックがタンクローリーの脇に停車しては給油する姿が見られた。高速道路上での給油は危険な違法行為だ。なぜこのような犯罪が横行しているのか。

タンクローリーが販売している軽油は市場価格よりも約3割も安い。トラックドライバーにとってはコストを節約できる絶好の機会だ。闇給油車側は海外からの密輸入によって安い軽油を仕入れているため、この激安価格を実現したという。中国では石油製品の価格はいまだに国家が統制しており中国内外で大きな価格差があるだけに、密輸業者にとっては格好のもうけ口となっている。(翻訳・編集/増田聡太郎)