サンチェスがバイエルン移籍に前進? 名将が示唆「私はアレクシスが好きだ」

写真拡大

アンチェロッティ監督がアーセナルのエース獲得をリクエストか

 去就問題が注目されているイングランド・プレミアリーグの強豪アーセナルのエース、チリ代表FWアレクシス・サンチェスに対して、ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンが獲得に動き始めたという。

 英紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」が報じている。

 サンチェスは2016-17シーズン、チームトップの24ゴールを挙げただけでなく、フィールドプレーヤーでのプレータイムも最長と名実ともにアーセナルの看板選手として活躍した。しかし、チームはリーグ戦5位に終わったことで来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を失い、サンチェス自身もタイトルを獲れるクラブでプレーしたいとの希望を公言している。

 そのサンチェスについて、ドイツの絶対王者バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督が、獲得へのリクエストを出したという。すでにマンチェスター・シティが獲得に動いているとされるサンチェスだが、国内への移籍承認はアーセナルにとって難しい状況にあるとされる。そうしたなかで、国外のトップクラブが動き始めた模様だ。

高騰する移籍金には否定的な見解も…

 同紙によれば、アンチェロッティ監督はバイエルンのプレシーズン初日の記者会見で、サンチェス獲得の噂について「もし機会があれば、クラブとして準備はできている」とコメント。さらに「私はアレクシスが好きだ」と、ストライカーとしての能力は高く買っている様子を示した。

 一方で、現在の移籍市場には疑問を呈しており、「私はこのクラブの文化を知っている。クレイジーな金額を費やさなければいけない選手は求めないだろう」と高騰する移籍金に釘を刺し、サンチェス獲得への動きに慎重な姿勢も示している。

 バイエルンへの移籍が実現すれば、リーグ戦、CLともに競争力のあるポジションで戦えるクラブというサンチェスの欲求を満たすことは間違いない。アーセナルで不完全燃焼のストライカーは、ドイツに新天地を求めるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images