ユナイテッドは獲得すべきだった!?「0円」で獲れた実力派FW

写真拡大 (全2枚)

ズラタン・イブラヒモヴィッチの退団が決まったマンチェスター・ユナイテッド。今夏に新たなアタッカーを補強するのは間違いないだろう。

現在はスペイン代表FWアルバロ・モラタが候補に挙がっているが、別の選択肢を推していた人物も。

『talkSPORT』によれば、リヴァプールなどでプレーした元ウェールズ代表FWディーン・ソーンダースはこう述べていたという。

ディーン・ソーンダース

「私なら(ジャーメイン・)デフォーを連れて来ただろう。

彼は34歳だが、昨季は15ゴールを決めた。まだ数年はやれる。

ボックス内で真っ先にボールに触れることができる嗅覚は見事さ。

私なら彼をスカッドに迎え入れる。(モラタは)ギャンブルだ。国外からストライカーを獲得するのはいつだってギャンブルさ。

デフォーならギャンブルだとは思わない。彼は私のお気に入りだ。

彼の頭の良さ、フィニッシュの仕方が好きだね。あらゆるタイプのチャンスを決めることができる。

彼は呑まないし、ぴんぴんしているよ」

34歳になったデフォーだが、ここ2シーズン続けてプレミアリーグ15得点をマーク。実に3年ぶりにイングランド代表にも招集された。同じように小柄だったソーンダースから見てもその嗅覚に衰えはなく、ユナイテッドにもフィットすると考えていたようだ。

だが、つい先日デフォーはボーンマスへの移籍が決まってしまった。その契約期間は3年。

デフォーはサンダーランドとの契約が残っていたが、もし降格した場合にはフリーで移籍できるという条項があったとされている。つまり、移籍金なしで獲得できる選手であったのだが…。

なお、デフォーは2000-01シーズンにウェストハムからのローンとしてボーンマスでプレーした経験がある。