自民党の金子恵美総務政務官が議員会館内の保育所に通う子供の送迎に公用車を使用し批判を受けた件について、タレントの眞鍋かをりや医師の友利新ら情報番組でコメンテーターを務める女性から「問題視はおかしい」「不毛な議論」などの反論が相次いでいる。『朝まで生テレビ!』『ワイドナショー』でもお馴染みの国際政治学研究者・三浦瑠麗氏も、金子総務政務官への公私混同だとする非難は「本質を見失っている」と指摘した。

自身も1児の母である三浦瑠麗氏は6月29日放送の『情報プレゼンター とくダネ!』で、タイムカード勤務ではない拘束がある政務官の仕事上、職場隣接型の保育所は必要だとし、公務の行き帰りの途中で保育所に立ち寄ることに問題はないと主張。総務省も「運用ルール上問題ない」と説明している。さらに三浦氏は「彼女が一歩も引かないことが、社会の進歩に役立つ」と、金子恵美総務政務官が批判に屈しないことを期待していた。しかし高市早苗総務相は30日の会見で「金子総務政務官から今後は、お子さんを公用車に乗せることはしないと聞いている」と伝え、これに三浦氏はツイッターで「自民党に逆風が吹いているからといって、このように足して二で割るような落としどころを探るのは全く間違っている」と釈然としない様子であった。

一方、この問題で前大阪市長の橋下徹氏は「子育て国会議員の合理的通勤経路内の保育所送迎は、事前登録と事後運行チェックの下やはり許容すべき」と『橋下徹 hashimoto_lo ツイッター』で述べながらも、「そもそも文書通信交通滞在費として領収書抜きで月額100万円もらっている国会議員に公用車は不要」「一般国民との比較で考えるなら公用車完全廃止でしょう」とツイートしている。しかし世間では、「月額100万円」という金額に驚きの声があがっているようだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)