“江頭2:50”が2人?(画像は『原口あきまさ 2017年7月1日付Twitter「めちゃイケスペシャル! 二代目江頭2:50は誰だ!?」』のスクリーンショット)

写真拡大 (全2枚)

体を張って頑張るお笑いタレント・江頭2:50も7月1日に誕生日を迎え52歳となった。その日放送されたバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!夏直前!梅雨を吹っ飛ばせスペシャル』(フジテレビ系)では“江頭2:50誕生日記念〜二代目江頭2:50を探せ!”と題してオーディションを行い、お笑い界をはじめ各界から二代目を狙う人々が参加した。

原口あきまさは江頭2:50のものまねネタが得意で二代目として資質がありそうだ。『原口あきまさ(haraguchiakimas)ツイッター』で本家・江頭2:50と黒タイツ姿でポーズするところを公開しているが、やはりなかなか似ている。フォロワーからも「どっちがエガちゃんか分からないくらいの再現度!」「似すぎてて、途中どっちが本物か分からなくなりましたw」と反響があった。

今回のオーディションにはサンシャイン池崎、みやぞん(ANZEN漫才)、ワッキー(ペナルティ)といったお笑い芸人だけでなく元マラソン選手でタレントで政治家の松野明美や6月20日に将棋棋士を引退した“ひふみん”こと加藤一二三さん、さらにはNMB48の“みるるん”こと白間美瑠まで参戦して賑やかなものとなる。

松野明美は競歩対決でプールに落とされてしまい、“ひふみん”はいつものように話が盛り上がって時間切れとなった。“みるるん”は「一番江頭さんが大好き」とアピールして好感触を得ると「握手会の神対応」も披露して見せ場を作る。お笑いタレントの原口あきまさに迫る活躍ぶりだ。

ただ、最終的に江頭2:50が“二代目”に選んだのはまさかの矢部浩之(ナインティナイン)だった。およそ22年前のことだ。まだ江頭2:50の知名度が低かった当時、矢部が『笑っていいとも!』で彼のものまねをしたことからテレビ出演が増えたという。その恩もあって“二代目”としたのである。

ちなみに、みるるんは“二代目”になれなかったものの『白間美瑠(shiromiru36)ツイッター』で「江頭2:50さんと握手神対応対決をさせて頂きました! いっぱい笑って幸せでした」とツイートしており満喫できたようだ。

画像は『原口あきまさ 2017年7月1日付Twitter「めちゃイケスペシャル! 二代目江頭2:50は誰だ!?」』『白間美瑠 2017年7月1日付Twitter「『めちゃイケ2時間SP!2代目江頭オーディション!!』出演させて頂きました!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)