30日、香港返還20周年を祝う記念イベント「“心連心・創未来”慶祝香港回帰祖国20周年文芸晩会」が行われ、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席らが出席。俳優ドニー・イェンとピアニストのラン・ランのコラボなど、豪華なパフォーマンスが繰り広げられた。

写真拡大

2017年6月30日、香港返還20周年を祝う記念イベント「“心連心・創未来”慶祝香港回帰祖国20周年文芸晩会」が行われ、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席らが出席。俳優ドニー・イェン(甄子丹)とピアニストのラン・ラン(郎朗)のコラボなど、豪華なパフォーマンスが繰り広げられた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

香港返還20周年を祝う大型イベントが30日夜、香港コンベンションセンターで開催され、習近平国家主席、香港の梁振英(リョン・チャンイン)行政長官がそろって出席。祖国の繁栄、香港の更なる発展に願いを込め、全員で愛国ソング「歌唱祖国」を高らかに歌っている。

この日のステージには、中国や香港を代表する人気スターたちも多数出演。俳優のレオン・ライ(黎明)、女優のカレン・モク(莫文蔚)、歌手のハッケン・リー(李克勤)やジョイ・ヨン(容祖兒)といった顔ぶれが次々に登場した。

中でも最も注目されたのが、アクションスターのドニー・イェンと、中国が誇る若手ピアニストのラン・ランの競演だった。ピアノの名手としても知られる多才なドニー・イェンに、11歳の天才ピアノ少年、梁俊晟(リョン・チュンシン)君も加わり、3人で愛国音楽「黄河協奏曲」を演奏。めったに見られない貴重な異色コラボ、勇壮なメロディーが会場を大いに盛り上げている。(翻訳・編集/Mathilda)