バルセロナがジェレミー・マテューの放出を事実上容認

写真拡大

 バルセロナがフランス代表DFジェレミー・マテュー(33)の放出を事実上容認した。クラブ公式サイトを通じて、ポルトガルのスポルティング・リスボンへのトレーニング参加を許可すると声明を発表した。

 2014年7月にバレンシアから加入したマテューは、在籍3シーズンで公式戦91試合に出場。しかし昨季はリーガ・エスパニョーラ13試合の出場にとどまり、スポルティングが獲得に興味を示していると報じられていた。

 バルセロナは「マテューに休暇中、スポルティングでのテスト練習参加を許可し、その期間を終えてから三者で将来について話し合う予定」と声明を発表。移籍に向けた後押しをする決定を下したようだ。なお、バルセロナとマテューの契約は2018年6月末までとなっている。


●欧州移籍情報2017-18

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集