招待客達はメッシとアントネラの結婚式に何を贈った?

写真拡大

レオ・メッシとアントネラ・ロクソは6月30日にロサリオ(アルゼンチン)で行った結婚式のゲスト達が2人を喜ばせるためにプレゼントで頭を悩ませる事がないようにする事を決めた。

【関連記事:メッシ故郷で結婚 誓いのキス】

FCバルセロナのストライカーとその妻は自分達へのプレゼントとして、親戚や友人達にアルゼンチンの100地域以上で活動し、困難な状況に立たされている300万以上の人々を支援している社会組織『Techo』への寄付をお願いした。

レオ・メッシとアントネラ・ロクソの結婚式の招待状のメッセージにはその理由が記されている。
「私達の喜びを慈善活動に変えるために贈り物の代わりに“TECHO”への寄付をお願いします」
そして、この招待状の裏側には寄付を行うための方法が記されている。

レオ・メッシが慈善活動に積極的なのはよく知られている。
このバルサのストライカーは彼の生まれ故郷、ロサリオにも貢献している。
彼の名前を持つ財団は街の南部で複数のスポーツ総合施設の再建のために基金を提供している。

その他にも病院の再建や最新の医療機器の寄付、学校や教育センターのテクノロジー機器の寄付など様々な活動を行っている。