「その愛、お金で買いました。」ポスタービジュアル (提供画像)

写真拡大

【鈴木勤/モデルプレス=7月2日】読者モデルで俳優の鈴木勤らが、ロックバンド・ミオヤマザキの楽曲をテーマにしたTwitterドラマ「その愛、お金で買いました。」が出演。7月15日より、全出演者、及びミオヤマザキのTwitterアカウントにて毎週水曜・土曜のよる10時より配信される。

【さらに写真を見る】鈴木勤らが“どろどろ”三角関係!?新ドラマ場面写真

連続ドラマといえば、いわゆるテレビで放送されるのが通説だが、同作はTwitterにて1話120秒を全10話配信。若者のテレビ離れが取りざたされる昨今、SNSを用いた新鮮な試みとなった。

◆「その愛、お金で買いました。」ストーリーは?


鈴木演じる野心家のホスト・海音をめぐる、地味で素朴な市役所職員の直美(岡村)と、キャバ嬢の璃子(園田)の女同士のドロドロの三角関係を描く同作。海音の謎の太客である真凜(信江勇)にも注目だ。

また、主題歌はミオヤマザキの「水商売」。自身のキャバクラ経験を基に書かれたドキっとするような歌詞が特徴の曲である。(modelpress編集部)

■鈴木勤コメント


Twitterドラマという最高に面白い企画に参加できて凄く嬉しいです!いただいた台本を見て今回の役に対する役作りは一切してないです。自分のクズな部分を出しただけなので(笑)。鈴木勤はこんな感じだと思ってお楽しみください。

■岡村いずみコメント


お話をいただいた時、なんてわくわくする企画なんだろう…!と、大興奮したのを覚えています。今回私は、ホストに恋をして、どんどん泥沼にはまっていく女性、直美を演じました。どろどろだけれど、これもひとつの愛の形だと信じて突き進みました。Twitter史上初の本格ドラマ、一人でも多くの方に見ていただきたいです。

■園田みおんコメント


初めてのドラマ出演で不安もありましたが大好きなミオヤマザキさんのTwitterドラマに出れて、経験させていただけて本当によかったです!ストーリーも見れば見るほどハマってしまう面白い作品になっているのでたくさんの方に見ていただけたら嬉しいです。

■信江勇コメント


Twitterドラマ?初めて聞いた時は?が頭に浮かびましたが初めての試みだと聞いてとてもウキウキしました!初めての事に参加出来る事がとても嬉しくて楽しみでした。私の演じる真凛は私のキライなタイプの人間です(笑)。でも、こういう人いるよねーっと共感も出来る人物だとも思います!是非沢山の人に見てもらいたいです。そして真凛にイライラしてほしいです。

【Not Sponsored 記事】