先月28日、国連安全保障理事会で開かれた大量破壊兵器の不拡散を巡る討論会で北朝鮮の代表が、「核戦力強化は自主権行使である」とアピールした。朝鮮中央通信が1日、伝えた。

討論会に出席したのは北朝鮮のキム・インリョン国連次席大使。同通信によるとキム大使は、金正恩党委員長が、昨年の朝鮮労働党第7回大会で自主権が侵害されない限り「先に核兵器を使用しないであろう」と述べたとしながら、「核拡散防止の義務を誠実に履行し、世界の非核化を実現するために努力するであろうと明言した」と強調した。

つづけて、「核戦争の暗雲が漂っている根本原因は、ほかならぬ米国の時代錯誤の対朝鮮敵視政策と戦争挑発策動にある」と指摘した。

さらに、「われわれの核戦力強化は、米国が加えている前代未聞の核戦争脅威と制裁圧迫策動を粉砕して朝鮮半島と地域の平和と安全を守るばかりか、真の国際的正義を実現するための正々堂々たる自主権行使である」と主張した。

そのうえで、「米国の核脅威・恐喝を根源的に終息させ、朝鮮半島と世界の平和と安全を守るために核抑止力を中枢とする自衛的国防力を全面的に強化していくであろう」と強調した。