バルサ、マチューを事実上戦力外に…スポルティングに練習生として参加へ

写真拡大

 バルセロナが1日、フランス人DFジェレミー・マチューがポルトガルのスポルティングにテスト生として練習に参加すると発表した。

 バルセロナは公式サイトで「ジェレミー・マチューにオフシーズンの間、トライアルとしてスポルティングの練習に参加する許可を与えました。この期間が終わり次第、バルセロナ、スポルティング、マチューの3者は選手の将来について決断を下します」と声明を発表した。

 マチューは1983年生まれの33歳。2014年夏にバレンシアからバルセロナへ移籍し、同クラブで3シーズンに渡ってプレーしている。2014−15シーズンのクラシコではセットプレーからヘディングで貴重な先制点を叩き込み、終盤までデッドヒートを繰り広げたレアル・マドリードを制してのリーグ優勝に貢献した。今シーズンはリーガ・エスパニョーラで13試合出場1ゴールを記録している。