ヘザー・グレアム

写真拡大 (全2枚)

映画『ハングオーバー』シリーズやNetflixオリジナルドラマ『Flaked フレークド』などで知られるヘザー・グラハムが、『LAW & ORDER ロー&オーダー』の新たなスピンオフ『Law & Order True Crime: The Menendez Murders(原題)』へ出演することが明らかになった。米Varietyが報じている。

本作は、1989年に起きたライル&エリック・メネンデス兄弟による両親殺人事件を取り上げる8話構成のミニシリーズ。ビバリーヒルズの裕福な家庭で育ったメネンデス兄弟が、ショットガンで両親を殺害した罪で有罪となるまでの裁判の行方を追った実録ドラマとなる。

ヘザーが演じるのは、メネンデス兄弟のセラピストだったオジエル医師と不倫関係にあった、セクシーで感情的にもろいジョダロン・スミスという女性。ヘザーがキャスティングされたと同時に、エリザベス・リーサー(『トワイライト』シリーズ)がパム・ボザニック副地方検事、ラリー・セダー(『MAD MEN マッドメン』)がメネンデス兄弟の母親キティの兄に当たるミルトン・アンダーソン役に決定している。

その他にも、兄弟の弁護を引き受けたレスリー・アブラムソン弁護士に『ナース・ジャッキー』のイーディ・ファルコ、キティ役にロックシンガーで女優のコートニー・ラヴ(『ラリー・フリント』)、ライル役はニコ・トルトレッラ(『ザ・フォロイング』)でエリックにはマイコ・オリヴィエ(『Glee/グリー』)、父親役にはベニート・マルティネス(『アメリカン・クライム』)が顔を揃えている。

『Law & Order True Crime: The Menendez Murders(原題)』は米NBCにて、9月26日(火)22:00より放送スタート。(海外ドラマNAVI)