ローマがやった!「サッカーゲーム」を使った移籍発表がいい

写真拡大

フランチェスコ・トッティの退団に、ムハンマド・サラーの売却など、今夏大きな動きを見せているローマ。

このほど、イタリア代表経験もある21歳のMFロレンツォ・ペッレグリーニをサッスオーロから買い戻すことが決定した。その移籍発表の仕方が、ちょっとおもしろかった。

サッカーゲームでローマの選手がゴール…それは背番号7を着けたペッレグリーニ!

そして、操作していたのが、選手本人だったというオチだ。

プレイしていたのは、『FIFAシリーズ』だろうか。同ゲームでは、得点後のセレブレーションのコマンド操作が可能。これは『Who Am I?』というポージングのはず。それにしても、なかなか凝った演出だ。

ローマ生まれローマ育ちのペッレグリーニ。移籍金は1000万ユーロ(12.8億円)、背番号は7番、契約は2022年までとなった。

ロレンツォ・ペッレグリーニ

「素晴らしい気分だよ。僕はここトリゴリアで育った。

なので、プロ選手として戻ってくることは、ここで練習している全ての子供たちが夢見ることさ。

クラブ、そしてファンたちを失望させないと誓うよ」