ソヒ、憧れの女優はユン・ヨジョン「あのような挑戦と選択ができるようになりたい」

写真拡大 (全3枚)

Wonder Girlsのメンバーから女優へ、新たなスタートを切ったソヒの初夏の日常が公開された。

スタースタイルマガジン「HIGH CUT」は、ソヒの気だるい初夏の日常をカメラに収めた。済州島(チェジュド) で行われた撮影でソヒは、ミニワンピース、ジャンプスーツ、軽いサンダルなど、可愛らしいファッションと花の香りを盛り込んだ香水でみずみずしい夏の風景を表現した。

最近公開されたグラビアでは、暖かい日差しの入る部屋の中で、柔らかくクリーンな香りに似合う雰囲気を、青い海を背景にウォータリーフローラル系の香りで涼しさを表現したソヒの姿が盛り込まれた。草原を背景に座っているカットでは、バラの香りを愛らしくも繊細なソヒだけの雰囲気で表現した。

一緒に公開されたインタビューで、ソヒは「料理することが好きで、友達を集めて時々作ってあげる。休みながら次の作品を待っている。先週は映画『ゲット・アウト』を見た。B級の要素が隠れているところがとても良かった」と最近の日常について打ち明けた。

これと共にソヒはWonder Girlsの解散について「メンバーと話をしていたので、あらかじめ知っていた。これまでの時間をもう一度考えるようになった。これからがもっと大事だと思う」とし「先週、イェウン姉さんと一緒にご飯を食べた。他のメンバーも『シングルライダー』が公開されたときは、見てくれたし、感想も送ってくれた」と明かした。

自身の最初の映画「お熱いのがお好き」と、最近公開された映画「シングルライダー」を比較したソヒは「とても恥ずかしい。私の演技について、当然多くの方の様々な考えがあると思う。焦らないようにしようと思っている」とし「最近、映画『バッカス・レディ』を見て“ユン・ヨジョン先生のように長い間演技して、あんな挑戦と選択をする女優になりたい”と思った」と伝えた。

ソヒのグラビアは6月15日に発刊された「HIGH CUT」200号で確認することが出来る。