「ギャラクシーノートFE」(同社提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子は昨年にバッテリー発火問題でリコール(無料の回収・修理)を実施したスマートフォン「ギャラクシーノート7」の部品を再利用した「ギャラクシーノートFE(ファン・エディション)」を7日に発売すると発表した。

 出庫価格は69万9600ウォン(約6万8500円)で、韓国で40万台限定で販売する。海外販売については検討しているという。
 同製品は回収したギャラクシーノート7に安全なバッテリーを装着し、ソフトウエアをアップグレードした。
 人工知能(AI)の音声アシスタントサービス「Bixby(ビックスビー)」や虹彩認証サービス、手書き対応のスタイラスペン「Sペン」なども搭載している。
 バッテリー容量はギャラクシーノート7より300mAh少ない3200mAh。サムスンは「多重安全設計や厳格な検査を通じ、安全性を一層強化させた」と説明した。
 サムスンは、ギャラクシーノート7を廃棄処分にすれば環境汚染が懸念されるという環境保護団体の指摘を受け、今年初めからギャラクシーノートFEの発売を進めてきた。
kimchiboxs@yna.co.kr