おかもとまり

写真拡大 (全10枚)

ものまねタレント・おかもとまりが2日、人間力向上コラムサイト『minto.(ミント)』のキックオフイベントを都内で開催。それは、自身の会社で立ちあげたコラムサイトであることを紹介し、テーマは「人間力の向上」、一言で分かるコンセプトは「誹謗中傷禁止」であると説明した。

囲み取材に応じたところで、現在の肩書きについて訊かれると「(ものまねショーで有名な)新宿のキサラに出ていたりしますが、ジャンルが定まっていない」と苦笑い。「実は私、15歳の頃から起業したかった」とも、打ち明けた。

おかもとは昨年、株式会社minto.を創業。本日からオープンしたサイトでは、編集長を務め、「徹底して、人のいい所を取り上げます」とキッパリ宣言した。

「テレビでも、炎上ネタや誹謗中傷に関することのほうが、視聴率があがるでしょう。でも私は、人のいい面を知ることのほうがプラスになると考えました」

「あと、ネット上でニュースをよく拝見しています。そんな中、ネガティブがニュースがあると、100倍くらいのネガティブなワードへ広がったりするようにも思えました。ネガティブな対象にされている人でも、いい面を持っていたりします。minto.では、いい面を徹底して伝えます」と何回も、"徹底して"を繰り返した。

「私には、小学3年生になる息子がいます。友達との様子を見ていると、スマホやタブレットを使いこなしています。これから未来を背負っていく子供たちがネガティブなことばかりを捉えるのではなく、人のいい面を探したり、いい所を褒められる人間であって欲しいです。これから作るコンテンツでは、人間力を向上できる言葉を見つけてもらえたら…」と期待するものを口にした。

立ちあげたサイトのターゲット層は、年齢や性別を問わないよう総合サイトに定めた。扱うジャンルは、芸能コラムが目玉コンテンツのようで、他には、美容や食、医療などの内容を取り扱うという。

▼ (左から)辛酸なめ子氏、有村藍里、おかもとまり

人間力向上コラムサイト『minto.』キックオフイベントより


今日の発表イベントでは、ゲストによるトークショーも実施。コラムニストの辛酸なめ子氏と、有村架純の実姉でタレントの有村藍里を招き入れる場面も。誹謗中傷の的になっている藍里のことを、おかもとは「私は、3、4年前から知っていて、関西で一緒にお仕事をしたときから変わらず、素朴でいい人」とフォロー。ネット上で持ち上がったルックス面、整形疑惑、姉妹の不仲疑惑、売名行為、AV出演交渉の噂などを本人に確かめ、検証していた。

▼ 有村藍里、おかもとまり






そこでは、藍里が「エゴサーチをよくします。いい所も悪い所も参考になるので、多いときには、1日に3時間も検索することあります」とあっけらかんとコメント。辛酸氏とおかもとは「ここまで、受け流す力があるなんて」と一緒になって驚いていた。

▼ おかもとまり




▼ 有村藍里




■関連リンク
人間力向上コラムサイト『minto.(ミント)』