CNET Japanは7月2日、ニュースに関する意識調査の結果を発表しました。
 
10代と20代の大多数は、ニュースに関心を持つことは重要だと思っており、まずはテレビをつけて気になるニュースを見てから、次にスマホを使って詳細な情報を確認しているようです。
 
調査は6月19日〜20日にかけて、10〜20代の男女2,066名を対象に実施されています。

10代・20代の7割がテレビとスマホでニュースをチェック

まず、ニュースをチェックする頻度について聞いたところ、10代では66.5%、20代では72.4%が1日1回以上チェックすると回答しました。
 

 
ニュースチェック時の媒体は、10代・20代ともに「テレビ」と「スマートフォン」が圧倒的に多く、両媒体を使ってチェックする人も10代で74.5%、20代で76.1%おり、若年層の7割以上がテレビとスマートフォンの両方でニュース情報を収集していることがわかります。
 
なお、テレビでニュースをチェックする回答した人の66%は、「テレビをつけて気になったニュースのみを意識して見る」と答えており、なんとなくテレビを見ながら情報収集をする人が多いようです。
 

 
一方、スマートフォンでニュースをチェックすると回答した人のうち、10代の69.7%、20代の70.8%が、気になるニュースがあった際は「WEB検索をする」と回答しており、自発的に調べようとしていることが伺えます。
 
若年層の多くは「テレビで気になるニュースを見つけたら、スマートフォンを使って詳細を調べる」という行動を習慣化しているようです。

SNSは情報収集ツールとしても使われている

次に、「スマートフォンでニュースをチェックする」と回答した人を対象に、ニュースチェック時に利用している具体的なサービス名を挙げてもらいました。
 
「WEB検索」と回答した人では、10代・20代ともに7割の人が「検索エンジン系(Yahoo!ニュースやGoogleニュース)、3割の人が「新聞・通信社系サイト」もしくは「まとめサイト」を利用していました。
 

 
「SNS」と回答した人では、10代・20代ともに「LINE」を一番利用しており、次いで「Twitter」、「Facebook」となっています。
 
なおFacebookに関しては、20代では25.6%の人が利用していましたが、10代は9.9%の人しか利用しておらず、若年層の間でも10代と20代で使っているSNSが微妙に異なることがわかります。
 

 
「ニュースアプリ」と回答した人では、100人中42人が「Smart News」を保有しており、次いで「グノシー(14人)、「Yahoo!ニュース(10人)」という結果でした。
 
ニュースアプリの平均保有個数は1.33個で、気に入ったアプリや使い勝手のいいアプリを選んで利用している人が多いようです。

若年層の大多数「ニュースに関心を持つことは重要」


 
最後に、「ニュースに関心を持つことは重要だと思うか」と聞いたところ、10代の56.4%、20代の53.6%が「重要」と回答しました。
 

 
反対に、「重要だと思わない」と回答した人は、10代で13.2%、20代で16.6%と少数派に留まっています。また残りの3割は、ニュースは事実と違うこと・誇張されたことを報道する、個々によってニュースの重要度は変わる、という理由から「場合による」と回答しています。
 
 
Source:CNET Japan
Photo:photo AC-まぽ
(kotobaya)