“アルゼンチンの英雄”マラドーナ、メッシ結婚式にお呼びなし 「招待状はどこかでなくなったのかも」

写真拡大

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは6月30日、地元アルゼンチンのロサリオでアントネラ・ロクソさんとの結婚式を行った。

▽結婚式には、各界の著名人が勢揃い。バルセロナのチームメートであるFWネイマール、FWルイス・スアレス、DFジェラール・ピケのほか、チェルシーのMFセスク・ファブレガス、マンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロらメッシと縁深い250人以上の招待客が参加したとみられている。

▽しかし、『90min』によれば、その結婚式にお呼ばれしなかった人物がいるようだ。その人物とは、“アルゼンチンの英雄”ディエゴ・マラドーナ氏だ。現在、コンフェデレーションズカップ2017開催中のロシアに滞在するマラドーナ氏は、次のようにコメントしたという。

「メッシを祝福したい。彼は知っているはずだよ。私がどれだけ彼を愛しているのかね」

「私に宛てた結婚式への招待状は、どこかでなくなったのだろう。しかし、メッシに対する態度は変わらない。彼はアスリートとしても、男としても素晴らしいからね」