古市憲寿氏

写真拡大

2日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、社会学者・古市憲寿氏が自身の弱点を指摘され、うろたえた。

番組冒頭、ゲスト出演した古市氏と政治学者・三浦瑠麗氏がなじみであることが話題となった。その際、三浦氏は古市氏を「かわいいと思う」と評していた。

その後、女優の松居一代が尾行されていることを自身のブログで訴えている件を取り上げる。この中で出演者は、文章として残すことで誤解が生まれ、さらには批判を受ける危険性もあるなどと、意見や指摘をしていた。

これに古市氏は「バカを相手にしていてもしょうがないかな」と、無関係にもかかわらず誹謗中傷する人々を批判し「『この人から好かれても嬉しくないな』と思った」などと自身の考え方を披露する。

だが三浦氏は、この発言に失笑し「でも、結構傷つきやすいじゃん」と一刀両断したのだ。古市氏が「まあ、だから、その」と弁明するも、続けて三浦氏は「事前に言われる前にバンドエイドを貼りにいく性格」と指摘する。

この三浦氏の発言には、古市氏が狼狽しながらも弁明を試みる。すると、隣でその様子を見ていたヒロミが「なんでお前、そんなにおびえてるんだよ」とツッコミを入れ、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連記事】
古市憲寿氏 「とくダネ!」での暴露に共演者ら大慌て
古市憲寿氏 田中聖容疑者の逮捕報道の扱いに違和感「どうでもいいニュース」
松本人志の「パパ活」理解に女性政治学者が指摘「メディアの人の病気」