元Secret ソナ「アイドル出身女優というレッテル、感謝している」

写真拡大 (全2枚)

Secretのメンバーとして活動し、ソナはバラエティ番組の出演や、女優デビューを果たした。今は歌手ではなく、女優というタイトルで人々の前に立っている。ソナはあえて“アイドル出身”というレッテルを剥がしたくないという。ただ、彼女はアイドル出身であるために得た認知度で、他の女優たちより早く機会を得たとして、申し訳ない気持ちと感謝の気持ちがあると語る。

最近、韓国で放送が終了したMBCドラマ「自己発光オフィス」でジナ役を務めたソナは、作品に対する格別な愛情を表した。彼女は口が酸っぱくなるほど恋人として共演したイ・ドンフィからコ・アソン、オ・デファンまで「自己発光オフィス」で共演した俳優たちを賞賛した。彼はイ・ドンフィに対して「ほぼ私の片思いのレベルだった」とし、笑いを誘った。

「イ・ドンフィ先輩との呼吸は予想より本当にずっと良かった。先輩が務めたト・ギテクと私が務めたハ・ジナは、3年間の恋愛をした歴史の長いカップルだ。だから先輩もト・ギテクについてすごく悩んでいた。ドンフィ兄さんを通じてたくさん学んだ。映画で見ていた先輩と共演できて光栄であり、シックなようでクールに面倒を見てくれるその姿がもっとカッコよかった(笑)」

自身より年下のコ・アソンにも、ソナは「勉強になるところがすごく多い女優だ」として親指を立てた。最初は先輩で認められる女優であるため、コ・アソンに接するのが難しかったが、一度も笑顔を失わないコ・アソンを見ながら「本当にすごい」という言葉を繰り返したという。意外のいがみ合いケミ(ケミストリー、相手との相性) を披露したイ・ヨンジェ代理役のオ・デファンも、ソナにはロールモデルになった。

「オ・デファン先輩には感謝が本当に大きい。先輩のおかげで俳優やスタッフの間の微妙な境界が崩れた。アドリブも自由にやってくれるので、私もさまざまな演技をしてみた。2人の共演シーンが多くて、電話で通話しながら息を合わせてみた。一緒に演技するたびにディテールをたくさん教えてくれた。本当にオ・デファン先輩の演技は、欲しくて奪いたいくらいだ」

オ・デファンの演技を見ながらソナは“演劇”という新しい夢を見るようになったと打ち明けた。その瞬間に集中する、演劇の集中力を感じてみたいとし、いつかは演劇の舞台に立つ日を夢見ているとし、笑顔を見せた。いつの間にか演劇ステージまで夢見るようになったソナ。アイドル出身というレッテルを、あえて剥がしたくないというソナを見ながら、ふと彼女が演技を始めたきっかけが気になった。

「Secretになる前にも演技のオーディションを何度も受けた。自分を表現することが好きな子だった。あのときは歌手の夢が演技より大きかっただけだ。次第に演技をしてみると、才能を発見したというか、こんな言い方をすると憎たらしく見えるかもしれないけれど、ステージで歌で感性を表現するのと、演技で感性を表現するのはあまり変わらないと思う。ただ、最初に演技をするときに憎たらしく思われたくはなかった」

下手だとは死んでも言われたくなかったため、ソナは歯を食いしばって頑張った。演技をするときもそうだったという。しかし、ソナは自身について良く知っていた。アイドル活動で積んだ認知度のおかげで、自身により簡単に機会がめぐってくるということをだ。彼女はそれに対して「本当にありがたいことだ」と頭を縦に振った。

「母と『自己発光オフィス』を観ながらこんな話をした。『本当にあそこであのように演技したい役者たちもいっぱいいるはずなのに、あなたは恵まれているのね』と。本当にありがたい機会であることを知っている。まさにその通りだと思う。私の機会が他の新人女優に回っていたらもっと良かったかな、とも思う。本当にそういう面では申し訳ない気持ちもあり、感謝する気持ちもある。でもやはり、ありがたい機会ではあったので、なおさら下手にやってはいけないという責任感が大きかった」