画像提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の高杉真宙が2日、東京・書泉グランデで行われたセカンド写真集『20/7』(ワニブックス 税抜2,500円)発売記念握手会に登場し、取材に応じた。

4日に21歳の誕生日を迎える高杉。イベントでは、写真集の表紙が写されたバースデーケーキがサプライズで登場し、高杉も「すげえ! 僕じゃないですか!」と驚き、喜んでいた。「いい匂いがする」とケーキを顔に近づけながら撮影に臨んだ高杉だが、最後の最後、ケーキを置く際にハプニング発生。手にべったりと生クリームがついてしまい、呆然とした様子を見せルガ、その表情に報道陣からは「いいねえ!」と声がかけられていた。

誕生日当日は「びっしり仕事」だというが、21歳になり「今年たくさん作品が公開されるので、たくさんの人に知ってもらう機会があると思うので、負けじとしっかりと自分のスキル的にも上げていける1年にしたい」と意気込んだ。

また、初の握手会については「実感がないというか。どんな風に握手会をするのか本当にわからないんですよ。どんな感じなんだろう、ワクワクする感じが強いですね」と語る。タイプの女性については「ありのままの方がいいなと思います。笑顔が素敵な方だったり」と答えた。

写真集では7人の写真家が、高杉の20歳の姿を撮り下ろした。1年かけた作品に、高杉自身も「全然表情も変わってるんですよ。それが面白いんですよ」と驚いたという。「朝起きて寝癖直すだけなんですけど、毎日鏡を見続けても(変化が)わからないんですよね。写真を見て、変わっていくんだなって実感しました」と語る。

上半身裸、大人のセクシーさを見せるショットもあるが「その時はすごく鍛えてて、良かったと思って。一応気にするじゃないですか。20歳の男としては」と振り返る。「男っぽい感じを作っていきたい、男っぽく撮られたいと思ってたので。しっかりと男っぽいところを見せられたらなと思いました」と写真に込めた思いを明かした。