『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)公式サイトより

写真拡大 (全2枚)

 主演ドラマ『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)が、全話平均視聴率7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大コケしてしまった綾野剛。さらに製作舞台裏では「撮影現場の空気を悪くしていた」と、関係者の間で悪評が立っていたという。

「綾野が演じた主人公は、120年前に生まれた謎の“怪物”。二階堂ふみ演じる大学生のヒロイン・津軽と出会い、恋をするというストーリーですが、全話を通して最も盛り上がったのが、第1話で綾野が披露した“肉体美”。全裸での後ろ姿では、お尻のツーパックが丸見えで、入浴シーンでも、下半身こそ映らなかったものの、鍛え抜かれた腹筋が画面いっぱいに映し出されていました」(芸能ライター)

 どちらかといえば痩せ形のイメージが強い綾野だが、この“隠れマッチョぶり”には、女性視聴者から「ヤバすぎる!」「かっこいい……」と黄色い悲鳴が噴出。結局、綾野が肉体美を披露したのは初回だけだったが、視聴者に大きなインパクトを残したようだ。

「綾野は、今年9月公開予定の映画『亜人』で、元軍人のテロリストを演じており、その役作りのために、かなりストイックに肉体改造に励んだといいます。彼も、自身の肉体の変化に手ごたえを感じており、『フランケンシュタインの恋』の現場では、筋肉が一時的に盛り上がる“パンプアップ”のため、粛々と筋トレをしていたそうです。共演者からのウケはよかったようですが、そこで綾野の『パンプアップ待ち』が発生してしまい、スタッフからはヒンシュクを買っていたんだとか」(芸能プロ関係者)

 綾野が自分の肉体にかける情熱は本物のようで、「なんと1時間以上も撮影を遅らせてしまい、関係者から『そういうドラマじゃないだろ!』『西島秀俊路線を狙ってるの?』と、ブーイングが巻き起こっていたそう。すっかり“面倒くさいナルシスト俳優”扱いとなってしまいました」(同)という。

 ドラマは大コケ、さらには現場評も下げてしまったという綾野。次回作では、汚名返上してほしいものだが、果たして――?