UEFA、欧州全土でサラリーキャップ(給与制限)導入を検討か

写真拡大

『Mladina』は1日、「欧州サッカー連盟(UEFA)会長のアレクサンデル・チェフェリン氏は、サラリーキャップ制導入を検討していることを明かした」と報じた。

ジャンニ・インファンティーノの後を受けてUEFA会長に就任したチェフェリン氏。スロベニアサッカー協会の元会長であり、法律の専門家である。

彼はインタビューに対して以下のように話し、欧州ではクラブ間の格差が致命的なほど広がっていることに懸念を表明したという。

アレクサンデル・チェフェリン

「我々は、欧州での大会における戦力差の拡大に対抗する取り組みを準備しなければならない。副次的には各国内リーグへの影響もあるだろう。

将来的に、我々は選手の給与として支払う予算に制限を設定する可能性を、真剣に考えなければならない。

もしそれに成功することが出来れば、歴史的な変化になるだろう。私の見解ではね」

「トップクラスのクラブ、それに続くクラブと、それ以外のクラブ。これらのギャップは危険なほどに増加している。

給与の上限が導入されれば、クラブは価値を持つものに対してもっと考えなければならなくなるだろう」

サラリーキャップはクラブごとに選手に対しての人件費に制限を設けるルール。アメリカ・メジャーリーグサッカーやオーストラリア・Aリーグで導入されている。

各クラブの戦力が拮抗すること、経営のリスクが減少することがメリットであるが、有力な選手が流出しやすいという弊害もある。