お金は大丈夫?チャルハノール&コンティ、月曜日にミラン同時加入へ

写真拡大

『Sky Italia』は1日、「レヴァークーゼンのトルコ代表MFハカン・チャルハノールは、月曜日にミラノでメディカルチェックを受ける」と報じた。

このところミランとの関係が噂されてきたチャルハノール。かなり高度な交渉が行われていると伝えられており、最終的な詳細の詰めが土曜日に終了したという。

移籍金については2000万ユーロ(およそ25.4億円)+パフォーマンス関連のボーナスが最大で400万ユーロ(およそ5.1億円)追加される。

給与については年間250万ユーロ(およそ3.2億円)という額で、それにもボーナス支払いの条項が付与されるという。

チャルハノールは日曜日にミラノへと向かい、月曜日にメディカルチェックを受け、それから正式に契約を結ぶとのこと。

また、アタランタのイタリア代表DFアンドレア・コンティとの契約交渉もかなり高度な段階まで進んでおり、彼についても月曜日にサインされる可能性があるという。

その移籍金はおよそ2500万ユーロ(およそ31.8億円)になるのではないかと予想されている。

ミランは今夏マテオ・ムサッキオ、フランク・ケシエ、アンドレ・シウヴァ、リカルド・ロドリゲス、ファビオ・ボリーニを獲得している。

しかしここでさらに2名を高額の移籍金で引き入れることになれば、どこからファイナンシャル・フェアプレー制度の制裁を避けるだけの収入を得るかが注目される。