イニエスタ、カタールが獲得熱望!「政府とチャビ」がタッグ

写真拡大

『News.am』は1日、「アル・サッドに所属している元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスは、アンドレス・イニエスタにカタール移籍を説得する」と報じた。

バルセロナでの出場機会が減少しており、契約も2018年6月までとなっているイニエスタ。

年齢に加えて継続的な怪我の問題もあり、このところは常に出場できる状況ではなくなっている。

そのため移籍の噂もあるが、その候補の一つがカタールリーグである。政府は彼を2022年ワールドカップのプロモーションキャンペーンに参加させたいと考えており、大きな報酬を用意するとのこと。

さらに、カタールのアル・サッドでプレーしているバルセロナ時代の盟友チャビ・エルナンデスを利用し、数日中に説得を行う予定だという。

中国やアメリカに押され、近年はスター選手の獲得が減少しているカタール。しかし、ここでイニエスタを引き入れることに成功すれば大きな話題を集めるはずだ。