野村、パットが決まらずスコアが伸ばせなかった(写真は2日目)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<KPMG女子PGA選手権 3日目◇1日◇オリンピアフィールドCC(6,588ヤード・パー71)>
米国女子メジャー「KPMG女子PGA選手権」の3日目。15位タイから出た野村敏京は4バーディ・5ボギーの“72”でフィニッシュ。スコアを1つ落しトータル2アンダー27位タイに後退した。
宮里藍の笑顔も涙もこの中に 特選フォトギャラリー
「ボギーがたくさん来て…う〜ん、ちょっとアマチュアみたいなゴルフが何回かありましたね」とムービングデーにスコアを後退させてしまったことを嘆いた野村。首位とは8打差と逆転でのメジャータイトルはかなり難しくなった。最終日は「トップ10入りを目標にして行くつもりです」と目標を下方修正した。
「プレッシャーはなかったんですけど、やっぱり変なミスはしないようにしようという感じで入ったんですけど」と悔しい1日に。パッティングは思うように決まらず、アプローチのミスもあった。しかし、「ここは5、6アンダーが出るコースなので、パッティングがちょっと入ってくれたらそのくらいは問題ないと思う。ショット自体はそんなに悪くないので」と心までは折られていない。明日はチャージをかけ、リーダーボードを駆け上がってみせる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

宮里藍ら日本勢の順位をリーダーボードでチェック!
宮里藍、無欲のラウンドで“67”!最終日も「同じような精神状態でやれたら」
宮里藍が4つ伸ばし27位に浮上、申ジエが猛チャージで3位に
人気バクハツ!セクシークイーンの悩殺ミニスカは「写真館」で
大御所芸人からアイドルまで!ゴルフを愛する芸能人33人のスイングを一挙公開