キアヌ・リーブスの新たなハマり役として世界中で大ヒットを記録した『ジョン・ウィック』の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』のストーリーが盛大にネタバレする、絶対に怒られそうな“キル・カウント”動画が公開された。超リアルな殺陣が絶賛された前作に引き続き、キアヌ=ジョンは何人の悪人をブッ殺しているのだろうか?

※ネタバレ注意です 鑑賞は自己責任で!

https://www.youtube.com/watch?v=eyHjvZltClU

出典: www.youtube.com

まず冒頭、前作でモメたロシアン・マフィア関連のチンピラを10人ほど轢き殺してからが、物語の始まり。殺し屋家業から引退したくてしかたないキアヌは、イタリア系マフィア幹部サンティーノの不可解な依頼を断ったため自宅を爆破されてしまう。わずかな思い出を木っ端みじんにされては、さすがにキレるだろうと思いきや、渋々オファーを受けることにするキアヌ。しかし、そのオファー自体が罠で、世界中の殺し屋から狙われることになってしまった!

……そんな感じで物語は始まるのだが、その後はフェス会場、地下通路、街中、地下鉄で銃を撃ちまくり、股間を斬りつける。中でも特に痛そうなのが、ごく普通のペンで致命傷を負わせるシーン。もいろんただ刺すだけではないので、男の子はいざというときのためによ〜く見て学習しておこう。

『トリプルX:再起動』でも良いキャラを見せつけていたルビー・ローズとのタイマンを経てクライマックスへ向かうのだが、最終的な殺人総数は129人!しかし、色々な情報を調べると141人という説もあるのだ。前作の84人を大幅に上回る無双っぷりは確実!今回も大暴れする信頼できる男・キアヌを劇場で目撃しよう。

https://www.youtube.com/watch?v=EoO-w7Z7Yv4

出典: www.youtube.com