(C)新日本プロレス

写真拡大 (全2枚)

新日本プロレスの真夏の祭典『G1 CLIMAX 27』が、7月17日の北海道・北海きたえーる会場を皮切りに、今年も真夏の最強戦士決定戦の火蓋が切られる。

(C)新日本プロレス

CS テレ朝チャンネル 2 では、それに先立ち、7月1日・7月2日に新日本プロレスがアメリカで開催する「G1 SPECIAL in USA」の 2日間を日本時間当日のゴールデンタイムに中継するほか、先の北海道での7月17日「G1 CLIMAX 27 開幕戦」を始めとして、7月22日「G1 CLIMAX 27」後楽園ホール、8月11・12・13日「G1 CLIMAX 27 優勝決定戦」までを生中継する。

今回の注目は、2 年半ぶりに新日本のリングに帰ってくる飯伏幸太。しばらく新日本のリングから離れていただけに、どのような試合を見せてくれるか期待が高まる。かつて、ゴールデンラヴァーズとしてタッグを組んでいた2016年大会覇者のケニー・オメガとの絡みも気になるところ。

もちろん、オカダ・カズチカ、棚橋弘至、内藤哲也など、新日本プロレスが誇る屈指のレスラー総勢20名が出場する。

また、それに先立って開催される「G1 SPECIAL in USA」は、新日本プロレスによる初のアメリカ単独興行で、対戦カードには、<IWGP ヘビー級選手権試合 オカダ・カズチカ vs. Cody>、<IWGP インターコンチネンタル選手権試合 棚橋弘至 vs. ビリー・ガン>、そして新たに新設された<IWGP USヘビー級王者決定戦>などが組まれ、ここでも新たなスター誕生に期待が集まる。

去年は、ケニー・オメガが後藤洋央紀との激闘を制し G1初出場初優勝。さらに外国人レスラー初制覇と快挙尽くしのフィナーレを飾った。今年も決着の舞台は東京・両国国技館。3年目となる両国3連戦では選手の魂と全国のプロレスファンの声援が交錯し最高の熱気を巻き上げるだろう。

2017 年「夏」強者・曲者が勢揃いの≪G1 CLIMAX 27≫。常に全力で戦う選手たちの雄姿は見逃せない!