まさに豪華絢爛! スター・ウォーズ山笠とカイロ・レン、ストーム・トルーパー、C-3PO

写真拡大

 映画『スター・ウォーズ』シリーズと776年の伝統を誇る福岡県・博多の夏祭り「博多祇園山笠」がコラボレーションした「八番山笠上川端通 スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のお披露目式が2日、博多区の上川端商店街で行われた。この日は人気キャラクターのC-3POとカイロ・レン、ストーム・トルーパーも“警備”のため出席。絢爛(けんらん)な山笠に大満足の様子を見せた。

 博多祇園山笠は、日本三大祇園祭のひとつに数えられる国の重要無形民俗文化財。今年は、「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録されて以来、初の開催となり、節目の年を記念して、12月15日公開のシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を標題に採用した。

 洋画を題材にした山笠の制作は史上初。中でも「八番山笠上川端通」は“走る飾り山笠”の異名を持つ花形。走る山笠としては史上最大となる。ルーカスフィルムが監修し、高さ13メートル、重さ2トンの山笠に映画の世界観を再現。マスコット的な人気を誇るC-3PO、R2-D2、BB-8といったドロイドたちに加え、青い波を背負ったヒロインのレイが赤い炎をまとったカイロ・レンに挑む姿が描かれている。

 前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で敵役を務めたカイロ・レンは、山笠の中でも大きな存在感を放つ自身の姿に感慨深げ。山笠への登場がかなわなかったトルーパーたちは、ご機嫌な上司を尻目に残念そうな仕草を見せていたが、最後はシリーズを代表する名セリフ“May the FORCE Be With You”(フォースと共にあらんことを)のかけ声と共に、祭りの成功を祈っていた。

 今回のコラボについて、上川端商店街振興組合理事長の武内照臣さんは「八番山笠は(スタートから)今年で54年、『スター・ウォーズ』は40年と聞き及んでいる。互いに100年を迎えられるように頑張っていきたい」とコメント。

 また、精巧なレイたちの人形を手がけた博多人形師の田中勇さんは、「昔からある形をそのまま残したうえでの表現を心がけた。C-3POの金属感を色彩だけで表現すること、従来の山笠の彩色の仕方で外国の方であるレイの顔を描くのが難しかった」とこだわりを披露。実際に対面を果たしたC-3POたちに向けて「(人形を)作る前に会いたかったですね」と語りかけると、周囲は笑いに包まれた。

 『スター・ウォーズ』山笠は7月14 日まで上川端商店街に飾られ、実際に山笠が走る12日の「追い山馴らし」、15日の「追い山」で博多の街を駆け巡る。(編集部・入倉功一)

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日より全国公開