トッティはどうなる?過去にJリーグ移籍が噂された「スター選手」を振り返る

写真拡大 (全6枚)

東京ヴェルディが獲得を狙っているというフランチェスコ・トッティ。

仮にトッティが東京V入りすれば集客力アップは間違いないはずで、Jリーグに対しても熱い視線が世界から注がれるはずだ。

そこで今回は、過去にJリーグ移籍が報じられつつも実現しなかった世界の大物選手をまとめてみることにしよう。

マイケル・オーウェン(当時28歳)

狙ったとされるJクラブ:ジェフ・ユナイテッド千葉
伝えたメディア:日刊スポーツ(2008年5月)
選手の当時の在籍チーム:ニューカッスル(ENG)

2001年のバロンドール受賞選手、オーウェンの獲得に乗り出したと言われるのがジェフ・ユナイテッド千葉だ。

当時の千葉は開幕11試合未勝利という泥沼のスタートを切っており、5月に入ると新監督にアレックス・ミラーを招聘。

同氏はリヴァプールのコーチを務めていたこともあり、夏の移籍市場で関係のあったオーウェンをリストアップしたという。当時のオーウェンはニューカッスルとの交渉が難航していると伝えられたが、結局延長の契約を結びJリーグ移籍は実現しなかった。

パヴェル・ネドヴェド(当時35歳)

狙ったとされるJクラブ:FC東京
伝えたメディア:日刊スポーツ(2008年2月)
選手の当時の在籍チーム:ユヴェントス(ITA)

Jリーグ加入10週年というメモリアルイヤーに、FC東京はパヴェル・ネドヴェドの獲得に動いていたと報じられる。

ネドヴェドはこの年の夏にユヴェントスとの契約が失効予定であり、ヨーロッパ以外でのプレーも視野に入れたそう。そこでFC東京は総額10億円を用意し、ネドヴェドの獲得を画策していたようだ。

7月に正式なオファーを送るとの報道であったが、結局ネドヴェドは残留。翌シーズンをもって、現役から引退した。

ラウール・ゴンサレス(当時35歳)

狙ったとされるJクラブ:FC東京
伝えたメディア:日刊スポーツ(2013年1月)
選手の当時の在籍チーム:アル・サッド(QAT)

ネドヴェドに続き、『日刊スポーツ』が次に報じたFC東京の“大物ネタ”は「スペインの至宝」ことラウール・ゴンサレスだった。

当時のラウールはアル・サッドでの1年目を送っていたが、FC東京は夏までの期限付き移籍、あるいは夏からの完全移籍など様々なプランを用意していたよう。

結局ラウールはこの冬チームに残留。翌シーズンまでアル・サッドでプレーし、その後はニューヨーク・コスモスでスパイクを脱いだ。

チャビ・エルナンデス(当時34歳)

狙ったとされるJクラブ:FC東京
伝えたメディア:日刊スポーツ(2014年11月)
選手の当時の在籍チーム:バルセロナ(ESP)

『日刊スポーツ』の“大物ネタ”はまだまだ終わらない!ラウールの報道が出た翌年には、世界最高のパサーであったチャビ・エルナンデスをFC東京が狙っていると伝えている。

この年、ディエゴ・フォルランがセレッソ大阪に加入しており、そうした動きに影響を受けた形だろうか。2015シーズンに向けた補強候補としてチャビやヴェスリー・スナイデル(当時ガラタサライ)をリストアップしていると報じられた。

なお、チャビは2014-15シーズンをもってバルセロナを退団。2015年夏、FC東京ではなくアル・サッドを新天地に選んだ。

ロビン・ファン・ペルシー(当時33歳)

狙ったとされるJクラブ:サンフレッチェ広島
伝えたメディア:INTERNETSPOR、Fotomaçなど(2017年2月)
選手の当時の在籍チーム:フェネルバフチェ(TUR)

今シーズンのJリーグ開幕前、大きな話題を集めたのがロビン・ファン・ペルシーの移籍話だ。

サンフレッチェ広島がファン・ペルシーに接触しているとトルコメディアが一斉に報じ、日本のメディアもそれを追った。その移籍金は650万ユーロ(およそ7億8650万円)と言われたが、その後は具体的なニュースもなかった。

なお、この直前にはルーカス・ポドルスキのヴィッセル神戸移籍も伝えられたが、この時は破談という結末に。しかし、それから数ヶ月して正式に神戸移籍が発表された。広島も、もしかするともしかする…かも?