GENERATIONS数原龍友、土屋太鳳になりきり総ツッコミ 片寄涼太と「兄こま」胸キュンシーン再現でハグ(C)モデルプレス

写真拡大

【GENERATIONS from EXILE TRIBE/モデルプレス=7月2日】GENERATIONS from EXILE TRIBEが2日、都内にて行われた映画「兄に愛されすぎて困ってます」(公開中)のイベントに登壇した。

【フォトギャラリー】ソロショットあり/GENERATIONS、全員揃って“兄こま”ポーズ

◆数原龍友、土屋太鳳になりきる


GENERATIONSが主題歌を担当し、メンバーの片寄涼太が出演する同作は、いつも自分のことを第一に想ってくれて、守ってくれるオトナな年上イケメン“兄系イケメンズ”たちが次々と登場する、甘く切なく少しキケンな“愛されすぎラブストーリー”。片寄は誰よりも妹想いのヤンキー系ツンデレイケメン兄・橘はるか役を演じる。

今回、“兄こま”のためにGENERATIONSのヴォーカル数原龍友、パフォーマー白濱亜嵐、小森隼、佐野玲於、関口メンディー、中務裕太が集結。主人公・橘せとかを演じた主演・土屋太鳳になりきった数原は、「橘せとか役の土屋太鳳です。今回は本当に素敵なキャストの皆さんと、素敵なスタッフの皆さんとこうして…」とメンバーから総ツッコミを受けながらも“土屋太鳳”として挨拶。

さらに、その後行われた“兄こま”に登場する数々の名シーンを、メンバーがアフレコで再現する「“兄こま”アフレコ選手権」でも、「そのために来た」と自ら名乗りを上げせとか役をつとめた。

◆片寄×数原で名シーン再現!ハグも…


「“兄こま”アフレコ選手権」では、4つの胸キュンシーンを再現。「本物が見たい!」と声があがると、“お兄”(片寄)本人が数原演じるせとかを相手に「このままバックれよっか」を生披露する場面も。手を繋いで数原を引き寄せると、2人はそのままハグ。客席から黄色い歓声が起こるも、片寄は苦笑いを浮かべた。

ほか、白濱、小森、中務、メンディーが再現に挑戦し、個性溢れるパフォーマンスで会場は大盛り上がり。片寄は「改めてGENERATIONSがいないと、僕は成り立たないなと思いました」と感謝していた。

◆人気コミックを実写映画化


同作は、小学館「Sho-Comi」にて連載中の夜神里奈作・同名少女マンガを実写映画化。

初恋の相手の“毒舌なセレブ研修医”芹川高嶺役で千葉雄大、ホスト系スウィートBOY・美丘千秋役で草川拓弥(超特急)、ヘタレ系塩顔男子・芹川国光役で杉野遥亮、イケメン風SEXYブサイクの教育実習生、矢高北斗役で井上裕介(NON STYLE)が出演している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】