エクセターがチェルシーへ移籍する16歳のウェールズ代表DFアンパドゥについて補償を要求

写真拡大

▽リーグ2(イングランド4部)のエクセター・シティはウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(16)の移籍に関して、チェルシーと交渉中であることを発表した。

▽エクセターのU-18チームに所属しながらも、2016年8月に15歳でデビューを果たしていたアンパドゥは、ウェールズサッカー協会(FAW)が選ぶ2016年の最優秀若手選手にも選出。今年5月にはウェールズ代表に初選出されるなど、大きな期待が寄せられている若手選手だ。

▽今シーズンはリーグ2で8試合、EFLカップで2試合、FAカップで1試合に出場していたが、プロ契約を結んでいない状態であったため、フリーでチェルシーへと移籍。しかし、アカデミー出身であるため、補償を受ける権利があるとエクセターが主張。チェルシーとの間で移籍金が支払われることで合意に達することを望んでいると声明を発表した。