学生の窓口編集部

写真拡大

みなさんは、携帯電話の利用料金や自宅のネット使用料金といった通信費の高さに困っていたりしませんか? 実は、携帯会社を変えたり、ちょっとしたことを見直すだけで、通信費はかなり安くなるものなのです。そこで今回は、携帯電話や自宅のネット通信費を節約するコツをまとめてみました。

■スマホのプランを見直して通信費を節約!

関係性から見えてくる貯金力? お金との相性&関係性診断

スマートフォンを利用している場合、毎月の料金は「基本使用量」と「通信料」を合わせた価格がベースになっており、そこに本体料金(分割払いの場合)やオプション料金が加算されます。例えば、各種割引を考えずに計算すると、

基本使用料2,700円+通信料5,000円+オプション2,500円=1万200円

このようになります。料金を安くするには、まず使っていない不要なオプションの契約を解除することが挙げられます。中には料金割引のために加入が必須となっているものもありますが、まずはここを削っていくといいでしょう。

次に基本使用料金です。基本使用料金は「電話」に関するお金ですので、自分がどれくらい電話を使うかで決めるのがおすすめ。例えば頻繁に電話をかけるという人は、どれだけ電話をしても無料というプランを選べばいいですし、全く使わないという人は一番安いプランを選べばいいでしょう。最近は無料通話アプリもありますから、「安くしたい!」という人は一番安いプランがおすすめです。もちろんその場合は、うっかり長電話をすると思わぬ請求が来るので注意しましょう。

通信料は、1カ月間に利用可能なデータ通信量で値段が変わります。例えば2GBまでなら2,000円、5GBまでなら5,000円といった具合です。この通信量を超えてしまうといわゆる「低速状態」になり、「ネットが遅い!」という事態になります。外であまり使わないという人で、自宅にネット環境が整っているならば、一番安いプランにすると料金が安くなります。

大手キャリアの場合、基本使用料は一番安いもので1,700円程度。通信料は3,500円ほどですから、オプションを削ることで6,000円くらいにすることが可能。そのキャリアを長期利用している場合に適用される割引があれば、さらに安くすることもできます。

※価格は税抜きで計算

■格安SIMを利用して通信費を節約!

大手キャリアの場合は安くしても6,000円ほどですので、人によっては「まだ高い!」と思う人も多いでしょう。より安くしたい場合は、『Y!mobile』や『UQ mobile』『LINE MOBILE』といった企業が提供している「格安SIM」を利用することもお薦め。

格安SIMを提供している企業は大手キャリアと違い、基地局などインフラの維持にお金が必要でない分「使用料金を安くして提供」できます。利用者にとってもそれが一番の魅力でしょう。

格安SIMはデータ通信だけを行う「データSIM」と、通話も行うことのできる「通話SIM」があり、データSIMの方が低料金となっています。例えば『UQ mobile』の場合、データ通信のみの場合は3GBまでで980円。通話アリのSIMでも1,680円という価格。全く電話をしない人で、各種オプションも不要という人は、データSIMを購入すれば月980円で済む、ということになります。

格安SIMの場合も、一定期間内に解約すると解約料が必要になるなど注意しないといけない点はありますが、とにかく料金を安くしたいという人は、格安SIMに変えてみるのもいいでしょう。

※文中の価格は2017年6月2日時点のもの
※価格表記は税抜き価格

■自宅のネット環境を改善して通信費を節約!

スマホの料金だけでなく、自宅のネット環境も見直したいところ。すでにどこかのインターネットサービスを使っている場合、一定期間利用しないと解約時に違約金が必要になってしまったりします。そうなるとすぐに変更するのが難しかったりしますが、やはり少しでも安いプランにしたいですよね。

もしこれからネット回線を新しく引く、また変更を考えている場合は、自分が使っている携帯キャリアが展開している光回線を利用するといいでしょう。例えば「ドコモ光」や「auひかり」「ソフトバンク光」などです。また、格安SIMを提供している企業も光回線サービスを行っている場合もあります。

両方を利用することでスマホ料金が割引になったり、dポイントやauポイントといったポイントの加算もできるため、料金が安くなる以上のメリットがあります。集合住宅の場合、ネット業者が固定されている物件もあるので全てで適応できるわけではありませんが、「スマホとセットで考える」ことは、ネット環境をお得な料金にするために必須といえるでしょう。

通信費の節約方法についてご紹介しました。「見直したりプランを変更することが面倒」と思っている人も多いですが、年間で見てみるとその差は大きな額になります。少しでも節約するために、まずは携帯料金の内訳を確認し、必要のないサービス契約をしていないか見直すところから始めてみてはいかがでしょうか。

(中田ボンベ@dcp)