明石家さんま

写真拡大

1日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、明石家さんまが、吉本興業を退社した場合の自身を推測した。

番組では、元・モーニング娘。のメンバー・田中れいながグループ卒業後、現場での待遇が以前とあまりに違うことを嘆いた。田中が「これが現実か、って」「絶望しました」などと感想を述べる。

これに、さんまは「分かる。俺の楽屋にスタッフが色んなお菓子とか用意してくれる。他の楽屋はない」と自身の場合を伝える。さらに、さんまは「俺なんか、ずっとそうして暮らしてきたから」と現在の立場について語り、「俺も多分、吉本辞めて自分の個人事務所やったら、絶望感……」と独立後の自身を推測したのだ。

共演者たちが「さんまさんは大丈夫」と否定するなか、さんまは「いや、そんなもんやって。看板がやっぱり…なぁ?」と嘆いたのだった。

【関連記事】
明石家さんま やる気アピールする人に否定的「あれが一番目障り」
明石家さんまが自身の人生観を告白「毎年、厄年だと思って迎える」
明石家さんま ビートたけしの「ひょうきん族」時代の人気ぶりを明かす