石原さとみ

写真拡大 (全2枚)

映画『忍びの国』の初日舞台挨拶が7月1日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演をつとめるアイドルグループ嵐の大野智をはじめ、石原さとみ、伊勢谷友介、鈴木亮平、立川談春、知念侑李、マキタスポーツ、中村義洋監督が登壇した。作品にちなんで「誰かの頭の中に忍び込むなら」というお題に石原は「大野さん」と即答した。

『忍びの国』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、人気作家・和田竜が、織田軍VS伊賀忍者の戦い「天正伊賀の乱」をモチーフに描いた歴史エンターテインメントを、映画『殿、利息でござる!』の中村監督が映画化。「欲に駆られた虎狼の族」と呼ばれる伊賀忍者の中でも、最強を誇る無門を大野が、その妻・お国を石原が演じる。

石原は、1年前の撮影から大野と一緒で、さらに映画公開が近づきプロモーション活動でも顔をあわせることが多くなってきたというが「いまだに大野さんという人がわからないんです」と語り出すと「収録でお腹いっぱいに食べた翌日、結構胃に残っているのかなと思ったら、ケロっとしていて内臓の健康状態は大丈夫なのかなと思ったり、激しいアクションシーンがあっても、アイシングもせずケロッとしていたり、わからない部分が多いんです。頭も体も含めて超人的なのかな〜」と興味津々。

石原の“大野探究心”に苦笑いを浮かべていた大野だったが「一回病院で調べてもらいます。でも健康ですよ。僕は消化が早いんです」と飄々(ひょうひょう)と答えると、「僕は鈴木くんの頭の中に忍んでみたいですね。きっと変態なんじゃないかと……」とつぶやく。話を向けられた鈴木は「嵐のメンバーの人たちは『変態仮面』が好き過ぎるんですよ」と苦情を述べると「なにをもって変態というのかはわかりませんが、僕はパンティは被らないですよ」と、自身が出演した話題作を例にあげて会場を笑わせていた。

また大野のことを尊敬していると日頃から口にしていた知念は、念願の大野との共演に「デビューしたときより、この仕事が決まったほうがうれしかった」と仰天発言。知念の言葉を横で聞いていた大野は「そんなこと言ったら、ジャニーズ事務所に怒られちゃうよ。心の中に秘めておかないと」と先輩としてアドバイスしていた。
(text&photo:磯部正和)