本田圭佑の新天地は…

写真拡大

 現在フリーとなっている日本代表FW本田圭佑にトルコからオファーが届いているようだ。イタリア『トゥットメルカートウェブ』が独占で報じた。

 本田は6月30日をもってミランとの契約を満了。3年半にわたり背負ってきたミランの背番号10番に別れを告げ、今夏の移籍市場で新天地を求めることが決定している。

 ここまで本田にはスペインのラス・パルマスやレバンテ、トルコのレバンテなど数多くのクラブが興味を示していたが、ついに具体的なオファーを提示してきたクラブがあったという。報道によると、トルコのガラタサライがすでに年俸200万ユーロ(約2億5000万円)、2年契約のオファーを送り、現在フリーの本田の返事を待っているようだ。

 ガラタサライは昨シーズンの国内リーグを4位で終え、来季は予選からヨーロッパリーグ出場権を手にしている。

 以前から移籍に関しては「面白くて行きたいと思えるクラブがあるかどうか」と語ってきた本田。ガラタサライに加入すれば、欧州の舞台でミランと顔を合わせる可能性もある。ヴェスレイ・スナイデルやナイジェル・デ・ヨングといったスター選手に加え、トルコ代表選手も在籍しており、本田にとって「成長」を望める場でもあるが、どのような決断を下すことになるのだろうか。


●欧州移籍情報2017-18

●欧州組完全ガイド