画像提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイ ボーイズトイ事業部の公式サイト「ボーイズトイパーク」にて、「戦隊職人 DXロボ復刻企画-第2弾-」が発表され、そのシルエットが公開された。同企画では第一弾として『五星戦隊ダイレンジャー』DX大連王がリクエスト販売で復刻され、販売実現となる規定数2,000個をわずか一日で突破する盛り上がりを見せていた。

「戦隊職人」は、2014年6月にバンダイのボーイズトイ事業部が立ち上げた新たな玩具シリーズ。バンダイが技術の粋を集め"違いのわかる大人の戦隊ファン"に向けて送る戦隊玩具としてスタートした。いままでに「超合金 烈車合体 DXトッキュウオー」「黒鉄変形 DXシュバルツ専用クライナーロボ」「超合金 オトモ忍シノビマル」「超合金 オトモ忍ロデオマル」「超合金 侍合体 DXシンケンオー」が発表されている。

スーパー戦隊玩具開発チームのN野氏のブログでは、「五星合体 DX大連王」の「星麒麟」「星鳳凰」レビューに続いて、「DX大連王」の追加仕様として「ダイレンジャー型ミニフィギュア」が付属することが明らかに。旧「DX」版でも各気伝獣に搭乗させることができるミニフィギュアが付属していたが、今回は旧「DX」版と同形状のフィギュア1セットに加え、「より劇中に近い完全新規造形版」が1セット付く内容になるという。

そして「戦隊職人 DXロボ復刻企画-第2弾-」のシルエットも公開。「乞うご期待ッッ!!!!!!!」とのコメント。そして気伝獣としてはまだあの戦士の気伝獣が復刻されていない気もするが……。詳細は追って発表されるという。