Photo Getty Images

キャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトンをはじめ、セレブの結婚が続くなか、ナイジェリアの石油王の息子で起業家のフォラリン・アラキアとイラン出身モデルのナザニン・ジャファリアンが、6月11日にイギリスのベンハム宮殿でゴージャスなウエディングパーティを行っていたことが判明!

「フォーブス」誌によるアフリカの長者番付で、18位に選ばれたこともある石油王フォロランショ・アラキアを父にもつフォラリンは、ロンドンに留学しているときにモデルのナザニンに出会ったのだそう。ナザニンは、モデルという肩書きだけでなく、マンチェスター大学のバイオエンジニアリングと、生物医学工学の学位も取得しているエリート。ふたりがウエディング会場に選んだのは、なんと世界遺産にも登録されているイギリス・オックスフォードシャーのベンハム宮殿。この格式ある建物を借りるとなると192,000ドル(約2000万円)の費用がかかるそう。でも、さすがはセレブカップル。費用を惜しむことなくド派手なパーティを開催。

Instagram@shaninamshaik

ヴィクシーエンジェルとしても活躍中のモデル、シャニーナ・シェイクなどのゲストがSNSにアップした写真をみると、会場内にはドラマティックな装飾が。ふたりがファーストダンスをしている大理石の床には、なんとふたりのイニシャル文字が描かれている。

Instagram@jeffleatham

宮殿を白い花で埋め尽くしたのは、今年の3月に俳優コルトン・ヘインズと婚約したフローリストのジェフ・リーサム。彼は2014年にフランス文化省から芸術文化勲章(なかでも最も高い地位の「Knighthood(騎士)」)を授与されている、今アメリカで最も勢いのあるフローリストのひとり。どうやらフォラリン&ナザニンのために、100万本もの白い花で会場をデコレートしたそう。

Instagram@jtofashion

披露宴では、3メートル超えの花々で覆われたウエディングケーキや、ロンドンにあるレストラン「Searcy's(サーシーズ)」のコース料理などが用意され、夜になると歌手ロビン・シックのパフォーマンスや花火まで打ち上げられたそう!

Instagram@becka_indigo

気になるナザリンのウエディングドレスは、日中のパーティではビスチェタイプのAラインドレスをチョイス。ナイトパーティでは、レースが全体にあしらわれたロングスリーブのスレンダードレスをまとっていたそう。

 
「宮殿のレンタル費に、特注の床の装飾費用となると、255,000ドル(約2800万円)に達するでしょう。フローリストのジェフ・リーサムによると、花の装飾費用は少なくとも25,500ドル(約280万円)かかる見込みだとか。それにゲストの食事や飲み物、ロビン・シックのパフォーマンス料、ドレス代などを全て含めると数億円以上かかっているのでは?」とイギリスのウェブサイト「ブライズブック」の創業者ハミッシュ・シェファードは、「ハーパース バザー UK」誌に語っている。

 
「デイリーメール」誌によると、フォラリンとナザニンは、2016年に婚約して同年の11月にナイジェリアの都市ラゴスで、伝統的なウエディングを行っていたたそう。詳細は明らかにされていないけれど、きっとゴージャスな結婚式だったはず。ふたりとも末永くお幸せに♡

From Harpers Bazaar UK