先制ミドルを叩き込んだMFマルティノス

写真拡大 (全2枚)

[7.1 J1第17節 大宮1-2横浜FM NACK]

 チャンスを確実に仕留めた。手堅い試合の入りとなったが、相手のプレッシャーに苦しんだ前半を無失点で抑えた横浜F・マリノスが必勝パターンに持ち込んだ。後半14分、MFマルティノスが5連勝を呼び込む先制ゴールだ。

 DF中澤佑二が最終ラインから蹴り出したクリアボールをFWウーゴ・ヴィエイラがマルティノスにパス。ドリブルで持ち上がったマルティノスは冷静に相手DFをかわすと、ペナルティーアーク内から右足を振り抜き、強烈ミドルをゴール左隅に突き刺した。

「PAの付近だったんですが、(齋藤)学が素晴らしい走りをしてくれたおかげで自分の前にスペースができました。ウーゴ(ヴィエイラ)も見えたのでパスも選択できましたが、シュートを打てる状況で誰がパスを出すんだという話。綺麗なゴールが決められたと思います」。得点後も高速カウンターからチャンスを量産し、最後まで相手の脅威となった。

「綺麗なゴールを決められたので気持ちよく代表に合流できる」。キュラソー代表メンバーに選出されたマルティノスは、7日から26日まで行われるCONCACAFゴールド杯に出場するため、チームを離脱する。公式戦2試合を欠場することになるが、「5連勝をしたことでチームは自信をつけることができた。広島戦を勝利で飾ってほしい」とエールを送った。

(取材・文 佐藤亜希子)


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第17節1日目 スコア速報