舞台あいさつをおこなった植田真梨恵、前野朋哉ら

 シンガーソングライターの植田真梨恵(26)出演の映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』のアンコール上映が決定し、1日、都内で舞台挨拶がおこなわれた。この日は、植田とともに共演の前野朋哉、脚本家の佐野誠氏と杉山泰一監督も登壇。音楽にまつわるエピソードなどを語った。

 本作は、廃線の危機を何度も回避しながら関東の最東端を走り続けている千葉県のローカル線・銚子電気鉄道をテーマにした小説『トモシビ-銚子電鉄の小さな奇蹟-』を原作として描かれた人間ドラマ。高校生とローカル鉄道の競争というイベントをメインに、その周辺に立つ乗客や車掌、地元に住む撮り鉄の青年など登場人物たちの生き様を、群像劇で綴る。植田は、心に傷を負った一人の女性・キミエ役を演じる。

 映画では主題歌の「灯」を楽曲提供、さらに劇中では「まわりくるもの」を弾き語りで披露するシーンもある植田。もともと脚本には歌を歌う段取りは入っていなかったが、杉山監督のリクエストによりそのシーンが追加された。映画に収録されている音はプレイバック(別録りの音を収録)されたものだが、実際には現場で植田が弾き語りも披露しており、出演した女優の富田靖子はじめ役者陣は、その音を聴きながら演技による表情などを作っている。「緊張もしたけど、皆さんが聴いてくださった表情が暖かかったし、すごく貴重で特別な時間でした。私は植田真梨恵とキミエの狭間で歌っていたので」と思いの深い撮影だった様子を振り返る。

ポーズを決める植田真梨恵、前野朋哉

 また、植田は他にも冒頭で、歌手・俳優の故・水原弘さんの曲で、女優のちあきなおみもカバーしている「黄昏のビギン」を口ずさんでいたり、また別のシーンでは、カラオケスナックで泥酔してピンクレディーの「渚のシンドバッド」を披露したりと、要所で歌うシーンが収録されている。この2曲も杉山監督のリクエストによるものだが、杉山監督がジェネレーションギャップを心配したにもかかわらず「大好きでした、お母さんがファンで一緒に踊っていました。初ステージの時も『サウスポー』と『ウォンテッド』を披露しましたし」とファンだったことを明かした。

 一方、その泥酔シーンでは、植田が前野に乱闘を仕掛けるシーンがあり、その時のことを「一番反省しました。思いのほか感情的になって、本当に(前野の役柄に)怒りがふつふつとこ上げてきて。でも映像で見た時に、あまり痛そうじゃなかったんですよね。アクションって大事だなと思いました」と心残りな部分を振り返る。一方、殴られた前野は「うっすらと痛かったというのは覚えています。何が痛かったのかは覚えてないですけど」としっかりと痛さは実感した様子を語り、笑いを誘っていた。(取材・撮影=桂 伸也)

舞台あいさつをおこなった植田真梨恵、前野朋哉ら ポーズを決める植田真梨恵、前野朋哉 植田真梨恵、前野朋哉