【警告】仙台=平岡 G大阪=今野
【退場】仙台=なし G大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】井手口陽介(G大阪)

写真拡大 (全4枚)

[J1リーグ17節]仙台2-3G大阪/7月1日/ユアテックスタジアム仙台
 
【チーム採点・寸評】
仙台 6
序盤は劣勢に立たされたが、徐々にポゼッションを高めて主導権を握り、相手を押し込んだ。そこから同点に追いついたが、セットプレーから失点。勝負弱さを露呈した。
 
【仙台|採点・寸評】
GK
1 シュミット・ダニエル 5
どの失点も味方DFとの連係で防ぎたかった。打ち合いの試合はGKのファインセーブが勝敗を分けるものだが……。
 
DF
27 大岩一貴 6
ボール奪取時のキレが冴えわたり、アデミウソンとのマッチアップでも引けをとらず。攻撃にも関与し、蜂須賀をサポート。CKから同点弾を奪い、会場のボルテージが最高潮に達しただけに、DFとして終盤の被弾は悔やまれる。
 
13 平岡康裕 5.5
強力2トップに的確に対応。ダイレクトでパス交換をする相手FW陣に対して食いつき過ぎずしっかり我慢し、空中戦でも奮闘した。それでも、わずかな隙を突かれて、3失点を喫した。
 
50 増嶋竜也 5.5
オウンゴールの場面は難なくクリアできたはずで、判断を誤ったか。その後は的確な対応でインターセプトする場面を見せたが、惜しい試合だっただけに悔しさが残る。
 
MF
23 中野嘉大 6
前半は仕掛けがあまり見られなかった。しかし、チームとしてボールを持つ時間が増えると、ジリジリと高い位置に進出してチャンスを演出。ドリブルだけでなく、上手く味方を使う頭の良さも見せた。
 
17 富田晋伍 5(90+2分OUT)
アジリティと判断のスピードでマッチアップした相手に差を見せられた。ボールを受ける回数も少なく、存在感は薄い。
 
18 三田啓貴 6
24分、ゴールとはならなかったが、会場の雰囲気を変える際どいシュートを放った。その後、ボールを持つ時間が増え、主導権を握ったのは偶然ではないだろう。積極的にギャップでボールを受け、攻撃のアクセントなる場面も。
 
2 永戸勝也 5(14分OUT)
仕掛けやクロス、攻撃で見せ場を作れないまま、負傷によりピッチを後にした。
MF
11 石原直樹 6
押し込まれていた時は、守備から攻撃へのつなぎ役になれず。主導権を握った後半は1トップにポジションを変えてチャンスを演出。プレッシャーがある場面でも、相手が最も嫌がるところにボールを捌いた。
 
30 西村拓真 6
前半は1トップへのサポートが少なく、積極性を欠いた。後半は仕掛ける姿勢を見せたが、一つひとつのプレーに粗さが残る。それでも76分の、反撃の狼煙を上げる1点は評価に値。
 
FW
20 クリスラン 5.5(HT OUT)
序盤はファビオを相手にしても、競り合いで引けをとらずに前線で身体を張る。頭部を打って一時ピッチを離れてからは、強さが失われ前線で起点になれず。
 
交代出場
DF
4 蜂須賀孝治 6(14分IN)
永戸の負傷により急遽出場。41分、鋭いミドルシュートを放ち、クロスでもチャンスを演出。ゴール前に切り込み、シュートを放つアグレッシブなプレーも見せる。76分には、クロスで西村のゴールをアシストした。
 
MF
7 奥埜博亮 5.5(HT IN)
クリスランとの交代で後半からピッチへ。ボールに関与しても、いまひとつ怖さが足りなかったが、的確な判断でボールを散らし、ゴール前に飛び込む姿勢も見せた。
 
MF
10 梁 勇基 ―(90+2分IN)
アディショナルタイムの失点後に投入されたが、プレー時間が短すぎた。
 
監督
渡邉 晋 6
序盤は押し込まれたが、ポゼッションを高めて同点に追いつき、強敵を追い詰めた。それぞれが的確なポジション取りを取ることによって、攻撃的なサッカーを展開したことは評価できるが、勝負弱さが出てしまった。